■ JAIMSの授業 ■

JAIMSでMicheyが受けている授業です。

★★ オリエンテーション ★★
 
Computer Skills

Word、Excel、PPTとからしいから余裕かな…なーんて、思いながら受けたが、考えてみたら基礎からきちんと学んだことはない。簡単ではあったものの、小さな発見もあった。

 
Englich as an International Language

英語を母国語としない人がビジネスや意思疎通のために共通語として使用するのが、EILである。実際にロールプレイをし、ビデオに撮りビデオレビューが行われる。私の結果は散々なものだった。12月にもう一度、ロールプレイがあるらしいのでその時までに挽回を図りたい。

 
Fundamentals of Writing

3回の授業で、英文ライティングの基礎として文章の組立て方、Resumeの書き方、Research Reportの書き方を学ぶ。BEP用のResumeを作成し、レビューをしてもらう機会もありとても有意義だった。

 

★★ 必須科目★★

Intercultural Negotiation

日本で受けてきた「ハーバード流交渉術」が役に立つであろう授業。「GettingToYes」の日本語訳版も持参。先生がいろいろと小道具を使うのと、実際にロールプレイで交渉するのがおもしろい。

 
Developing Distinctive and Effective Leadership

9つのリーダーシップスタイルに分かれてプレゼンテーション。これがなかなかあたっていたのが面白かった。また、中間プレゼンでは10人以上のリーダーにインタビューを実施して、その結果を発表。最終プレゼンは、Debete、Stress Management、Team Building、Logisticの4つのチームに分かれて実施された。

 
Making Effective Business Presentations

プレゼンテーションの授業で生徒が順番にプレゼンテーションを行い、それに対してフィードバックを行うという形式で授業は進められていく。テーマ1「Self Introduction」、テーマ2「The place to recommend」、テーマ3「Proposal to managers」(グループ)、テーマ4「Sales Presentation」

 
Issues for Global Managers

それぞれのテーマごとに客員講師がきて、授業をしてくれる
Clitical Thinking・・・

 
 

★★ 選択科目★★