3月13日 一人ぼっちのハワイ*
とうとう、恐れていた日が来てしまった。今日、みんな帰国してしまうのでMicheyはハワイに一人になってしまう。いろいろと手続き等があるかなぁ、と思って帰国を20日にしていたのだが、思ったよりもやるべきことは少なく、HPのメンテナンスと帰国後の準備等にあてることになりそうだ。さみしがりやの私にとっては、思いがけず辛い1週間になりそうな予感。
*レンタカー開始!*
帰国する友達に車にのせてもらい、飛行場へ。今日から1週間レンタカーをする予定なのだ。乗せてもらったので文句は言えないのだが、早起きが辛かった(笑)。一番安いAlamoレンタカーにしたのだが、これがどこにも看板がない。不安になって飛行場の電源を勝手に使わせてもらい、メールを確認すると、シャトルバスが出ていると書いてある。それでも心配になって別のレンタカー会社の人に確認をすると、看板はないけどちゃんとシャトルバスは来ると言う。言われたとおりシャトルバスは来たのだが…他のレンタカー会社が飛行場!の近くにあるのに対して、少し離れたところにあった。返す時に迷子にならないようにしなくては。
*ワイケレ&アラモアナへ*
帰国前に買い物をしよう!とさみしさをふりきるべく早速H1にのってワイケレ(アウトレット)へ。帰国後用のスーツと靴を購入。スプリングコートもほしかったのだけど、前にNYで見ていたのがあったため、とりおきだけしてもらってアラモアナSCへ。お目当てのコートを探すとありました!ありました!NYでショーウィンドウにあって一目ぼれして、お店に入ろうとしたら、6時閉店ぎりぎりであきらめたコート。試着をして即購入!これで、帰国後の出勤準備は完了。いままでハワイで買った服は、カジュアルすぎるため、会社用の洋服がほしかったのです。(注:Micheyの服装は「日本モード」と「ハワイモード」では全然違うのです。ちなみに、「東京モード」と「千葉モード」もあります。今回の買い物は「東京モード」用(笑))妹に頼まれていたバッグや他のお土産も買って…一息。帰国後の財政がふと不安になったりして。
*さみしすぎる*
考えてみたら、ハワイ&NYでの滞在中、ここまでさみしいと思ったのは初めてかもしれない。それはそれですごいことなのかもしれないけれど、その反響で今、とてもさみしい。どこにいっても楽しい想い出が思い出される。「それだけ楽しく過ごせたのだから良かった、と思えばいい。」といわれても、まだそこまで気持ちの整理はできないようだ。今日から次期のICMPの人が続々とやってくる。もう、私たちの期は終わってしまっているのだ。(インターンに行っている人を除いて。)ドイツ留学やインターンの最後&帰国後もそうだったように、Micheyには時々現実を受け止めるのがすごく大変な時がある。特に、「終わり」と「別れ」を受け入れて消化するのがとっても苦手。自分から新しい環境に飛び込んでいくくせに、それが終わって日常に戻る時に、ものすごく悲しくなったり怖くなったりさみしくなってしまうのだ。時間が解決してくれるかな。
*インターネットカフェにて*
早起きしたため、寝たいなぁとも思ったのだけど、家に帰るとこのさみしさにはまってしまいそうだったため、インターネットカフェにてメール&HP更新をすることに。3月に入ってから全く更新をしていなかったのを書き始めると、はまってきた。滞在期は、負担になったこともあったけど、気分転換や気持ちの整理をつけられる場でもあった。こうして、考えたことや感じたことを書くと不思議と気持ちも落ち着く。多分、もともとおしゃべりでなんでも聞いてほしい人だから、その対象としてHPがあることがいいのかもしれないなぁ。そんなこんなで結局結構長い時間PCにむかっていたのでした。
*サンフランシスコに電話*
Akikoからおととい電話をもらっていたので、夜電話してみた。MartinとPaulがサンフランシスコに来ているという話だったので、3人で飲んだくれているんだろうなぁと思っていたら、案の定全員酔っ払っていた(笑)。「さみしー、さみしー」を連発する私にそろいもそろって「サンフランシスコにおいでよ」と。Akikoはかなり本気で誘ってくれて考え始めてしまった。でも、出張という扱いの私はそんなに自由気ままに動けないのも事実。帰国後のリフレッシュ休暇を利用していけるかな、とか考えたりして。「そろそろインターンも飽きたよ」と言っているAkikoにも妙に共感。インターンと言う立場は通常の仕事とは少し違うもの、やはり2ヶ月くらいがちょうどいいのかもしれない。みんなの声を聞いて、少しさみしさがいやされたのでした。

3月14日 のーーんびりとした1日*
朝起きると、ものすごい風だった。Jamieが昨日「Today is storm day」といっていたのだけど、その名残だろうか。これは外出できないなぁ、と午前中はおとなしく家で荷物を片付けたり、メールを書いたり…。日曜日だし(あまり関係ないけど)今日1日はのんびりと過ごすことにした。
*久々の料理...でも*
朝ご飯にオムレツを作ってみることにした。Kenが残していってくれたさけ缶をつかって中がとろーっとしたオムレツを作る予定が…、しっかり火が通ってしまい卵焼きになってしまいました。まぁ、おいしかったのでよしとしよう。これにこりて、お昼はやっぱりMadokaが残していってくれた辛ラーメンを食べた。Jamieの家にステイしているもう一人の子はちゃんと炒め物を作っていた。見習わなくては・・・。
*またもインターネットカフェ*
今日はJAIMSが開いていない日なので、インターネットカフェでアンケートの集計とレポートをやろうかなぁ、なんて思ってきたのだが…資料を全て忘れてきてしまった。ということで、ホームページの更新を張り切ってやることに。なんとなく、こうして外で勉強したり作業したりするほうが落ち着くのは高校生の時から変わらない。家にいると、集中できなかったり、さみしくなったりしてしまうのだ。NYで買ってきたミュージカルのCDを聞きながら、HPを更新したりメールをしたり。
*ちょっとドライブ*
帰る間際、夕焼けがきれいだったので少しドライブ。といっても、アラモアナビーチを走ってみただけなのだけど。最初の週、1人でここを走って感動したなぁ・・・。海に遊びにもきたなぁ、なんて思いながら夕焼け色の海を見ていた。寒い寒い、といいながら水際で遊んでいる人たち、おしゃべりをしているハワイアン、来た時よりもずっと緑づいているダイヤモンドヘッド。やっぱりハワイはいいなぁ、なんて思いながらビーチをあとに。
そして、バックミラーに夕日を見ながら家へ。ちょうどハワイカイについたときに日が沈んだようだったので、またしても海によってから家へ。

3月15日 最後のダイビング、そして…*
先週から予約をしていたダイビングなのだけど、なんと6時50分にSand Villaのショップに集合!ということで朝の5時半に起床。時差ぼけがあるからか、夜寝るのが早いからか早起きは全く苦痛ではない。(最近、寝すぎの傾向が…)
*Sea Tiger*
最初のポイントはSea Tigerという沈潜のポイント。南のポイントなんだけど、出発はアラモアナ近くのFishingに行った時と同じハーバー。なつかしい魚がたくさんいた。大分、名前を忘れてしまっているなぁ、と思いながら写真をとったりしながら、のんびりとダイビング。今日は透明度がとってもいい!という話だったのだけど、マスクが曇っていたせいか、ちょっといまいちだなぁ、なんて思っていた私はショップの人に正直にその感想を述べると・・・おこられた。(もちろん、冗談で。)
*くじら!*
1本目と2本目の間にボートで休憩している間に、念願のくじら!を見ることができた。「くじら」の声にあわててカメラを持って船頭に行ったのはいいのだけど、眼鏡を忘れてしまって…潮を吹いたり、黒い点が見えたくらいでした。残念。必死に写真も取ってみたのだけど、ハウジングをつけるとさらに社っらースピードが遅くなるカメラなので、やはり黒い点…。
*Kewalo Pipe*
曇っていて風もあり、かなり寒かった・・・。泳いでいる間は感じないのだけど、安全停止したりすると急に寒さがおそってくる。そんななか、2本目は名前のとおり、パイプが横たわっているポイント。もともと何かに使われていたというパイプに沿ってはじまで行くと、パイプの中にアカマツカサがたくさんいた。砂の上にじっとしているカメも見ることができました。
*ポスター作り*
実は、今日のダイビングは無料ご招待!でした。ハワイに来た次の日に偶然見つけて行ったショップなのですが、店長さんがとてもいい人でメールを時々やりとりしていたのです。そして、ホノルルマラソンの時に友達を6人紹介したからか、機会あるごとに人に宣伝しているからか、この話が。
そのお礼にJAIMSにはるチラシを作ってあげることになりました。「何か、写真ないですかぁ?」と素材を選んでから、パワーポイントでその場で作ってしまったら「みっちゃん、こういうお仕事しているの?」「そんなすぐにつくれるなんて。」と感激されました。いやいや、パワーポイントはプレゼンテーションで使いまくっただけだし、、、本当はチラシ用とかではないのだけど・・・。でも、考えてみたら、イヤーブックも、ブロードウェイのチラシもパワーポイントでつくったなぁ、と。なんとなくこういう仕事(!?)にも慣れてきたのかも。デザインのセンスが決してあるとは思わないのだけど、こういうのも楽しいのかもしれないなぁ。カラープリントしたものに、ラミネート加工してくれたのですが、こうするとなんだか一段と立派!JAIMSの人に自慢しなきゃ(笑)。これでたくさんお客さんが着てくれるといいですが。
*久々にJamieとおしゃべり*
今まで、行動パターンがすれちがいだったのですが、ようやくJamieとゆっくりおしゃべりをすることができました。とはいっても、4人のベビーシッター中だったので、子供たちに中断されながらの会話でした。この子供たちは靴が好きらしくて、勝手にAzusaちゃんのスリッパや靴をはいてみたりしてかわいいのです。1人の子はMicheyの赤ちゃん時代のようにとても大きくて、Jamieに「Sumo baby」と呼ばれているし(笑)
Jamieに「ハワイでこんなにさみしいと感じるとは思わなかった。」などなど正直に今の自分の気持ちを話すと少し楽になりました。今まではなんとなく心の内まで話せなかったのですが、悩んでいることも少し話してみたりしてみました。Jamieは気づいていたみたいだけど…ね。
*そして昼寝&JAIMS*
Hawaiiの昼寝はとっても気持ちがいい。というのは最初の頃に書いたような気がする。JAIMSが始まってから昼寝なんてほとんどしていなかったのだけど、今日は久しぶりに寝てみることに。窓から入ってくる風がとても心地いい。1時間くらい寝て・・・・の予定が気づけば2時間も寝てしまっていた。
JAIMSでメールチェックとかしよう、と思っておきるとAkikoから電話が!彼女は来週帰ってくるという。彼女もさみしい、と感じることがあるらしく、この気持ちを共有できて少しほっとした。こんなに「さみしいさみしい」と言っていてはいけないのだけどね。早く元気なMicheyに戻りたい。
JAIMSでは新しい期のICMPの人たちに会えるかなぁ、と思っていたらほとんどの人が既に帰ってしまったみたいで…1人だけ会うことができました。Daijiroさんからもメールがきていたのですが、どうやら私が日本に送ったメールとすれ違ってしまった様子。明日には会えるかな。JEMBA、CHEMBAの人とおしゃべりしていたら、ほとんどメールはできませんでした。
*BBQパーティー*
夜はダイビングショップ主催のBBQパーティー。店長のごりさんの家の屋上で行われたのですが、夜景がとってもきれいなところでした。今日、一緒に潜っていた人や、ショップの人とおしゃべりしながらステーキやエビを食べて・・・。
ショップのMさんは、OLをやめて家族を説得して彼を切ってインストラクターになるべくハワイにきたとのこと。ハワイに学会できている学生、卒業旅行の成城大学生、15年主婦をしているリピーターの人、12才の小学校卒業をひかえた女の子とお母さん、などなど普段は出会えないような人たちと会えたのはおもしろかったです。なんとなーく、こうしていろいろな人と出会えてしまうのもハワイのいいところなのかもしれません。

3月16日 ハワイアンキルト&再会&出会い*
「さみしい」「さみしい」と言ってばかりいても仕方がないので、ずっと習いたかったハワイアンキルトのレッスンを受けに行って見ることにした。何をやっていても心ここにあらず、で時間をつぶしているような、無駄にしているような不思議な気分…。こんな風に自分のペースを失っている時ってどうすればいいのかよくわからない。でも、前に進むしかないような気もするから、ひとつひとつやりたいことをやってみたり、やるべきことを考えてみたりしている。
*ハワイアンキルト*
ハワイアンキルトの無料の講習が、Royal Hawaiian SCであるという情報を入手したので、朝の9時から車でワイキキへ。お店もまだ閉まっている時間で閑散としていて「本当にやっているのかなぁ。」と思いながらその場所に行くと、予想以上の人でにぎわっていてびっくりした。まずは、$30のキットを購入。色やデザインが気に入るのがなかなかなく、悩んだ末、選んだものも「これは、難しいよ。角が多いから。初心者にはこれがいいよ。」と別のを進められてしまった。でも、「難しい」といわれると挑戦してみたくなってしまうMicheyの性格、そして、気に入ってしまったらどうしてもそれがほしくなってしまう性格、から「頑張ります。」と言ってしまった。(私を知っている人は「やっぱりねぇ。」と笑うことでしょう。)「まぁ、いいけど、あとで大変さに気づくわよ。」なんてちょっと皮肉っぽく言われたのだけど、始めてみてから…本当に大変と言うことに気がついた(笑)。
教えてくれる人は、ハワイの人と少し年配の日本人。デザイナーの人はかなり年配の日系と思われるおじいちゃん。私が習ったのはやはりかなり年配のやはり日系のおばあちゃん。なのだけど、手先がとても器用なのはさすがです。
<ハワイアンキルの作り方(前半戦)>
1. 下地となる布を折り紙のように、四角に、そして三角に折って折り線をつける。こうすることで、真中から放射線状に線ができる。
2. 放射線状にあわせて、形となる部分を広げて上において、マチバリで固定する。
3. 見えやすい色の糸で、形のふちから1cmくらいのところにそって、しつけぬいをしていく。
4. ふちから5mmくらい織り込みながらまつり縫いをしていく。これが、細かい!特に、角が多いパターンを選んでしまったものだから…。何度も先生を呼びました(笑)
*JAIMSで再会&出会い*
JAIMSの電話を使ってKeikoから連絡があったので、お昼を食べて早速JAIMSへ。やっぱり、毎日きてしまうんだよねぇ。さみしいと思いながら。
さみしい病真っ盛りだった私は、Keikoと会えたのが本当に本当に嬉しかった。彼女は明日、プレゼンテーションがあるので邪魔をしてはいけない…と思いながらも、おしゃべりが止まらなかった。
さらには、HPを見てメールをくれていた、そして5000カウントをゲットしてくれたDaijiro君や他のICMPの次の期の人と会うことができました。「ほんものだー!」なんて言われて調子に乗ってしまったMichey。ただ、HP書いているだけなんだけど、その影響力にびっくりしたりしました。ということで、早速記念写真。
*ダイビングショップのポスター*
もう1つ、JAIMSでの使命が…。昨日、作ったダイビングショップのポスターをはらなくてはごりさんに怒られてしまう(嘘です。)
三田さんに了承は得ている、という話だったのでCarenに事情を説明して(私が作ったポスターということは言わなかったけど(笑))どこに貼ればいいか相談をした。「2Fのロッカーのところか、トレイのところがいいんじゃない?」と言われたので、一番目に付くトレイのところに貼りました!
このショップ、Green Dolphin Dive Shopというのですが、本当にアットホームでお勧めです。今回も、このショップがなければもっとさみしい1週間だったでしょう。JAIMSからだと、ちょっとアクセスが悪いけど、みんな利用してくれるといいなぁ…。
*Baleの夕飯と車庫入れ*
新しいICMPの人と話しているうちに、お腹がすいたのでご飯を食べに行くことに。どこか近所でないかなぁ、と考えた末結局行きつけのBaleに(笑)。彼らは全員同じ会社から派遣されている人だったのですが、なんと、2人が私と同じ大学で、2人が千葉に住んでいるというつながりがあってびっくり!しかも、1人は同じ学年だし…。世界は狭いものです。彼らはICMPやBEPの話をいろいろ聞きたかったみたいだけど…参考になったのかなぁ。今期は男の人が多いと言うことだったけど、なんだかんだいいながらなかなか楽しんでそうでした。
それにしても、私の車庫入れを見て「本当に半年間運転していたんですか?(実際には勘違いで・・・もちろんしてません)」とか、「(明日受ける予定と話した)運転免許、受からなかったからって落ち込まなくていいって。」・・・と言ってくれた彼ら。そんなにひどかったかなぁ。
*タンタラスと迷子と逆走*
Keikoの希望でタンタラスの丘に。女の子二人では危ない、とのKeikoのホストマザーの意見から、ボディーガードとして新ICMPのDaijiro君を連行。私の運転で!?とびっくりする人も多いかと思いますが(笑)、年始にも家族を連れて行っているので余裕余裕…。と思っていたら、思いっきり一本間違えてそれにもなかなか気づかず、Uターンを3回くらいしてしまいました。でも、穴場ですごくきれいなワイキキがみれたからよしとして・・・。タンタラスにつくまでかなりかかってしまいました。
何回見てもため息が出てしまうこの夜景。星もきれいにみえて、とってもとっても素敵でした。
ちゃんとタンタラスに行けてほっとした後、もと来た道を戻ればいい、と思いっきり左折すると…レーンがない…。これはやばいと慌てて角に止めて…反対車線を横切ってなんとか復帰。とってもひやっとしました。ふぅ。(^-^;。免許やばいかなぁ。
*HPのイメージ*
私のHPを読みこなしてくれているDaijiro君にHPから入ると、私はどんなイメージなのか気になって聞いてみると、「すごくできる人のイメージ」なのだそうだ。落ち込んだことも、大変だったことも、素直に全て書いていたのですごく意外だった。私を知って読むのと、知らないで読むのではきっと全然違うのだろうなぁ、とは思っていたのだけど本当にびっくりした。実際には、そのイメージをガラガラと崩していっているみたいだけど(笑)…ね。

3月17日 免許断念 & Sachikoさんと*
今日は、免許をとるために早起き!と目覚ましを5時半にセットしたものの、2度寝してしまい…結局おきたのは6時半、でかけたのは7時でした。Paerl Cityの免許センターに行く予定が、ラッシュで混んでいるよ、という話なのでKaimukiに急遽変更!
*免許は断念*
住所しか持っていなかったので、すこーしだけ迷いながら免許センターについたのは8時。免許センターが空くのは7:45なので・・・遅すぎた様子。今日の受付はしめきりました・・・とのこと。耳をダンボにして聞いていると、一番乗りの人は2時に来たのだとか。日本から、免許を取るためのツアーなんていうのもあるらしいです。
そして、レンタカーで免許が取れるかどうか聞いてみると、オリジナルの"Certificate of Registration"と"Hawaii Motor Vehicle Insurance Identification Card"がないとだめ、とのこと。もっと計画的に、誰かの車をかりて取っておくんでした。残り数日となった今となっては無理。ということで今回は断念することにしました。せっかく、左ハンドルにもなれて、曲がる時にワイパーが・・・なんてこともなくなったのになぁ。
*ドライブ*
天気もよかったし、Kaimukiまでの道のりは海沿いを走ったりするので格好のドライブコース。ということで、あまり苦にはなりませんでした。帰りには、マカプ岬で車をとめてみたり、写真をとってみたりして、楽しみながら帰ってきました。
*二人のプレゼン*
今日はShoとKeikoのBEPのプレゼンテーション。ということで、10時に学校につくように時間を合わせて到着!Shoは自分のキャリアを活かしてM&Aの会社へ、そしてKeikoはインターネット系のソフトウェアの会社へ。M&AはMicheyの専門ではないので、難しそうだなあぁ、すごいなぁ、という感じだったのですが、ソフトウェアのほうはとてもおもしろそうだった。GoogleやE-Bayなどのサイトに登録したり、在庫管理したり、コンサルティングしたりすることを仕事としている会社だという。実は、この前Yahooの求人とかをみて、ネットショップのコンサルティングっておもしろそう・・・なーんて思っていたところだったんだよねぇ。
前回のプレゼンテーションでも思ったことなのだけど、誰一人として紙を見てプレゼンをしないようになっていた。最初の頃は紙を片手に話す人がほとんどだったのに。。。それだけ、英語のプレゼンテーションが上達したということだろう。
*荷物の片付け*
パッキングというのは何度やっても難しい。この留学関係ではもう3回もパッキング経験済みなのに(笑)。なぜか、どんどん荷物と言うのは増えていくもので・・・。片づけが苦手なMicheyにとっては、スーツケースにすべてをおさめる、のは至難の業。でも、帰国するためにはやらなければいけないタスク。ということでたくさんのものと格闘しながらパッキング。
*家に電話*
何度家にメールをしても返信がないので、気になって電話。Citiバンクのカードのトラブル以来2回目の電話だ。(こういうとびっくりされるかもしれないけど、Michey家はめったに電話をしないのです。)すると、どうやら会社のメールのセキュリティーが厳しくなり、転送されなくなったのが理由だったらしい。お互いが心配をしていて、お互いがほっとした電話だった。そのあとに「帰ってきたら何を食べたい?腕をふるって用意しておくよ。」なんて暖かいメールが届き。家族の大切さを改めて感じたのでした。相変らずのさみしい病のMicheyにはとてもいい癒し薬となりました。
*ハナウマにドライブ*
最後にハナウマ湾がみたいなぁ、というKeikoの希望で、これまたDaijiro君と3人でハナウマ湾へ。閉園まじかのためか、駐車料金も入場料も取られず・・・。水際までいってみると、とってもとっても透明度がよくてきれいでした。ひざまで入るだけでは、お魚は見えなかったけど。この、きれいなハワイの海、絶対恋しくなるなぁ、なーんて思ったのでした。
*Sachikoさんとお茶*
BEPから戻ってきたら、Sachikoさんと一度ゆっくりお話したいなぁ、なんて思っていたのがようやく実現!どうやら、彼女はJAIMSを辞めて自分のビジネスに専念するとのこと。このビジネスが、アクセサリーということもあり、私のビーズとちょっと似ていて、話が盛り上がった。人とのつながりからどんどんビジネスが広がっていっている、という話や、人との出会いがすごくおもしろい、という話にとっても共感。私がビーズを売り始めてはまっていったのは、まさにそこ!だからだ。生き生きと話をする彼女はとっても素敵だった。私も日本市場拡大に一役買う約束をした。というか、HPにリンクをはらせてほしい、とお願いしたと言うほうが正しいかもしれない。どこまでお役に立てるかはわからないけれど・・・という前置き付で。そして、私も商品(ピアスのキャッチ部分に香水を入れられるようになっている。)を買わせてもらうことにした。これを読んで興味を持った方はこちらをクリック!→Mimi Cute
*夜は…*
タイ料理が食べたくなって、ココマリーナのショッピングセンターに言ったのに・・・なんとつぶれてしまっていた。そういえば、前に張り紙がしてあったけど、新装開店するんだと勝手に思い込んでいた。えーーーん。ということで、結局Kona Breweryにて飲み食べすることに。メンバーはKeikoと新しいICMPの二人。この二人せつせつと「男の人とは…」と語ってくれたのだけど、KeikoとMicheyには驚きが多く「そんな人ばかりではないよぉ。」と言っていたのでした。彼らは私たちのクラスメートにはいないタイプで・・・でもおもしろい人たちで、いろんな人がいるなぁ、と思ったのでした。 

3月18日 ハワイ最後の日*
キルト教室の前に、しつけくらいは終わらせたいと、早めに起きて作業。テーブルに広げて…なんとかぎりぎりの時間に終わったのでした!そして、Keikoをピックアップしていざ、ワイキキへ。なんだか、毎日のようにワイキキに行っている気がします。車があるって・・・便利♪
*キルト教室その2*
キルト教室2回目、にして最終回。なんと、私が今、やっていることが、ただの「下準備」にちかいことがわかりショックを受けた。先週習ったところまで完成して、ようやく「キルティング」というフェーズに入れるのだ...。
「今日で最後なのだけど。」というと、まずは進捗を先生がチェック。「もう少し、細かく、浅くね・・・」と言われてしまいました。糸がなるべく見えないように縫い付けないといけないようです。そして、練習用の布でキルティングのやりかたを教えてくれました。刺繍用のわっかに止められたキルティングは、パッチワーク部分、コットン部分、裏布部分、と3層になっていて3層ともに糸が通るようにします。それなのに、とっても縫い目は細かくならないといけないので、すごく難しい。見た目以上に大変だと言うことがよくわかりました。「Micheyが教えられるようならお母さんにもキルトのキット買って来て。」と言われたのですが、とても無理です。。。日本に帰って修行あるのみ!(笑)
*おみやげ購入ようやく完了!*
長期滞在をすると、おみやげにいつも悩む。ちゃんと一人一人を考えて買いたいのだけど、時間と人数の都合上難しかったり・・・。そして、難しいのが男の人&会社の上の人だったりします。なかなか、これと思うのがなくて最後まで買えていなかった、専務&部長&お父さんへのおみやげをようやく購入!その他にも、人事や部にもマカデミアンナッツじゃぁ休暇と変わらないし、とおいしいパイナップルクッキーを購入。歓迎会を開いてくれた人には、全員きちんとお礼をしたいし、足りなくなっても困るし…とついついいろいろなものを買い足してしまったのでした。こういう買い物って楽しいのだけど…気も使うから(もちろんお金も(笑))正直、大変です。
*アメリカンな写真*
アメリカの人はよく財布などに、小さな写真をいれてもちあるいている。高校時代に留学した時から気になっていたのだけど、どうやら卒業などの時に自分で取って、うらにメッセージを書いて交換するものらしい。
Keikoが「帰る前にとりたいと思っていたんだよねぇ。」と挑戦し、とってもよかったので、Micheyも挑戦!モデルなみにいろいろなポーズを取らされて…出来上がった写真はきれいに加工されて、なんともアメリカンなのでした。気に入ったのでそのうちHPにもこの写真を載せようかなぁ。(ところで、「修正写真に近いねぇ。」といったら、「確かに、色白にうつってる。」といってくれたD君。写真が真実です!美白の成果です!)
*レポート完成&Rachelへ送付*
インターン中にひそかに書いていたレポートがようやく完成!アンケートの集計、分析、そこからの結論などがまだ終わっていなかったのだ。結局50人を越える人の協力があったアンケートを無駄にしてはいけない…と必死でした。改めて、ご協力ありがとうございました。
結局15枚近くなったレポートをRachelに送付。コーチングをしてくれたYutakaにも嬉しくなってご報告。これで、すっきり!日本に帰れるかな(笑)
*新しいICMPの人たち*
初日から、新しいICMPの人たちを見ているのだけど、徐々に仲良くなったり、なじんでいったり、慣れていったりしていくのがわかっておもしろい。最初は「男ばかりなんだから苗字でしか呼ばない。」なーんていってたのに、ちゃんと下の名前になっていっていたり、敬語が少なくなっていったり。そして、結束力が少しづつ、でも急速にできていっているのがわかるのだ。私は最初の2週間のワークショップに参加していなかったのだけど、こんな感じだったのかなぁ。私が来た時には、もうみんな仲良くなっていて、でもオープンで、とっても入りやすいいい雰囲気ができていたのだけど、こういうプロセスがあったのかもしれないなぁ、なんてほほえましく見ているのでした。
そして、そんな中でも、私を見かけると気軽に声をかけてくれて・・・正直、そんなに交流があると思っていなかった(というか、相手にされないと思っていた。)ので嬉しかったりして。
*ビーズの撮影*
Jamieのビーズのページを作って、日本で売るよ!なーんて話を昔からしていたのだけど、なかなか写真をとる時間がなかったりして・・・。今日ようやく作成。写真をとったら、ビーズのページも作りたくなってしまって…、はまってしまいました。でも、夜には完成してJamieに見せて…。「どうしてこんなことができるの?」といわれたので、実は仕事でWebサイトを作ったりしていたということを説明。そう、実はMicheyがHPを作れた理由は…前のプロジェクトにあったのです。お客さんは企業なので社内向けのシステムなのですが、Htmlでお客さんとデザインをつめて、そこから作りこんでいく、というもの。でも、時間ができたらもう少しリニューアルしたいなぁ、なんて思っているのですが。
*最後の晩餐 For Michey*
さて、今日は私にとっての最後の晩餐。JamieとBlainがココ・マリーナにあるイタリアンに連れて行ってくれました。「Asagio」とかいう名前だったような。このイタリアン、気になってはいたものの、一回もいったことがなく。アメリカにはめずらしく、おいしいパスタでした!そして、「日本に帰ったらまず、何をしたいの?」と聞かれて、Micheyの答えは迷いなく「美容院!」。いつもどおり、「You are so funny!」と笑われてしまいました。最後の晩餐はやっぱりアメリカンサイズで食べきれず。そして、いつも肝心のときにバッテリーが切れるデジカメで…写真もとれず残念。でも、素敵な最後の晩餐でした。Jamie、Blainどうもありがとう!

3月19日 出発!*
いよいよ出発の日。朝から最後の荷物を詰め込むも...入りきれなくて結局一部あきらめてしまった。Halloweenの衣装とか個人的には持って帰りたかったのだけどなぁ…。
*お別れ*
レンタカーを借りていたため家にてJamieとBlainとハグでお別れ。朝早いのに起きてくれて、荷物を車に詰めるのを手伝ってくれた。やっぱりさみしい。わざとばたばたしてさみしくならないようにしたりして。「ばいばい」と手を振って見送ってくれるJamieをあとに車を発進。少しだけ、涙が出てきたけど今回は大泣きはしなかった。なせか「やることはやった。ハワイを発ついいタイミングなんだ。」という想いでいっぱいだった。学校がなかった最後の1週間が良かったのだと思う。気持ちの整理も、心の準備も帰国の準備もできたような気がした。
*飛行場、もとい、空港にて*
荷物が重たくって心配していたのだけど、なんとJALのカウンターではまったく重さをはからなかった。いつもこれがドキドキなのでほっとした。そして、チェックインの時にはずぅずぅしく「今回もビジネスのシートになりますか?」なーんて聞いたりして。正規料金パワーはいまだ有効だったらしく、「大丈夫ですよ。」なんて言われてほっ。やっぱり帰りはゆったり帰りたいよねぇ。
中に入って、すっかりお腹がすいてしまったので朝ご飯。といっても、中華のスープだけ。そして、いつもどおり、免税店にて現金を使い果たし…(結局最後までちょこまかと買ってしまうんだよねぇ。)お金もなくなったので、ひたすら搭乗をまった。あれだけ帰りたくない、と思っていた日本だけどここまでくると気持ちも落ち着いていた。
*飛行機の中では*
行きの飛行機ではファーストクラスと勘違いして、写真をとったなぁ、と思いつつ、今回は隣の席の人がいたから、写真はとれなかった。スチュワーデスさんに「お連れさん」なんて勘違いされたりして。。。Micheyは飛行機好きなので、映画、「ディボース・ショー」に「ゲロッパ!」を見て、雑誌や新聞を読んで。そして、カクテルやビールを飲んでいるうちに、なんだか目が回ってしまった。予想以上に長い時間に、ついたときにはなんとなーく、ぼーっとしてしまっていたのでした。
でも、到着の時には、なつかしーい、日本の田園風景をくいいるように見てしまいました。

3月20日 到着!*
日本に到着!すると、日付変更線を超えてしまうため、日付が変わってしまいます。ということで、私にとっては1日なのですが、カレンダー上は1日くりこされました。
*大変な荷物*
荷物が、とってもとっても多い。まぁ、海外から帰ってくるときにはつきものなのだけど、これとどうやって格闘して帰るか…が今回の最大の課題だった。カートがあるうちはいいのだけど・・・。
バスで帰ろうかと時間を調べると1時間後までこない。タクシーで帰ると1万円以上、JRで帰ると乗り換えの階段が辛い。ということで京成で帰ることに。
途中、メキシコ人に電車を説明してあげるついでにおしゃべりしたり、おばちゃんに「大丈夫?座る?」なんて心配されたりしながら…。
*ただいまー!*
そして、到着しました!7ヶ月前と何も変わらない家へ。「おかえり」と出迎えてくれたお母さんに会って、とたんにほっとしてしまいました。「日本もいいなぁ。」なーんて単純な私。さっそく自分の部屋に戻ると…7ヶ月前と全く変わらない部屋にこれまた、ほっとしたのでした。こんなに物にあふれた(散乱したともいう!?)部屋だったかなぁ、なーんてちょっとびっくりしながら。
ということで、無事に留学を終えて帰国することができました。エピローグも書いていますが、滞在気はここで終了です。どうもありがとうございました!そして、「ただいま」です!これからは、ここ日本でよろしくお願いします。