11月1日 宿題の山&お誕生日会
今日は、朝からテニス!の予定が、通り雨によりキャンセル。テニスコートに向かう途中の一瞬の雨でコートが水浸 しだったのだ。水かきはないし、日が出て間もない朝だと乾くのを待っていても時間の無駄そうだし…。ということで せーーっかく6時おきしたのになくなく帰ったのでした。
*宿題山積み*
今日は山積みの宿題を片っ端から片付けることに。IT、Writing、Business Research Negotiation、Project Management、Year Book、Communication全てなにもやってない、と昨日Juliaに言ったら「What are you doing?」と言われたのでかなりあせっている次第(笑)。ちなみに全て提出期限は来週。やばさをお判りいただけるだろうか。今日はこもって勉強したかったので、Jamieに頼んで教室を開けてもらった。
途中でJDが入ってきて、部屋を取られてしまったのでまた移動したけど(笑))
今日こなした宿題は、Wrriting、Investmen、BusinessResearch。なかなか重たい宿題が増えてきた。嫌だ嫌だといっていたInvestmentもはまり始めると面白い。今回もグループワークなのだが、それぞれが1社を発表するので責任重大。私はMASCOという会社を担当していたので、YahooFinanceやらMorningsStarのサイトを調査して、なぜそこの株がお勧めか、ということをまとめた。
BusinessResearchは自社の情報漏洩をテーマにしたい、と先生にメールをして承認をもらっていたのでそれをテーマに取り組むことに。Management Problem、Management Question、Resercher's Question、Research Questionと問題と質問を定義し、さらにはリサーチレベルの質問にまでブレークダウンする、というのが課題。
*Tennis*
やはり、テニスがしたかったので、どーしてもテニスがしたいPaul、Martin、Satoru、Micheyの4人で1時間だけテニスをすることに。もちろん試合も。うーん。リフレッシュ。

*Birthday Party for Ryoko and Dzung*
テニスの後シャワーをあびて、すぐ再集合。というのも、今日はOutbackでRyokoとDzungのお誕生日会。時間につくと、予約をしたにもかかわらず20分以上待つ必要があるという。なんでも、16人を6人と聞き間違えたとか、ダブルブッキングだったとか。2次会の予定だったShackに場所を変更しようか、と話していたところJDが交渉してくれて、貸しきりスペースを10分ほどで空けてくれることに。

JDに「How did you negotiate?」ときくと、「自分はおおごとにしたくないんだけど、友達がこの事態にすごく怒っている。一人なんて石を投げ込もうとして、止めるのが大変だった。なんとか16人のスペースをつくれないか。」といったらしい。さらには、「ここの席なら空くけど…」といわれても「貸しきりスペースがいい」と主張を続けた、とのこと。半分脅し、のような気もするがおみごと!
ということで、ちょっと遅くなったがお誕生日会スタート!Outbackといえばステーキ、なのだがロブスターも食べたかったのでセットのを頼んだ。おいしいご飯を食べながらのおしゃべり・・・、はとても楽しかったのだが、ボリュームたっぷりのごはんに胃もたれが…。帰ってから胃薬を飲んだMichey@おやじでした。余談ですが、こっちでステーキを食べるときにはミディアム希望なら、レアと言ったほうがいいようです。何人かミディアムを頼んだ人はウェルダンで出てきてました。

11月2日 こちらのニュース
今日は、こっちでおきたニュースを二つばかりご紹介。そして、キャリアについてちょっとだけ考えていること、を書いてみました。
*ニュース1:サメがサーファーを襲う*
カウアイ島でサーフィンをしていた13歳の少女がサメにおそわれて、片腕を失った。昨日JDが言っていたのだが、相当大きいニュースのようで、Yahoo Japanにものったとのこと。こちらのニュースでも何回もやっていた。かなり有望なサーファーだったということもあり、写真もたくさん出ていた。とてもきれいな女の子だ。そして、サメにかまれたサーフボードには歯形が残っており、ものものしかった。カメと間違えて食べられてしまった、というのだが怖い。

実は今月、クラスのみんなでカウアイ島に行くことになっているのだ。Divingも予定されているので、気をつけなくては。ダイビングショップの人の話によると、潜っているときは泡をこわがって近づいてこないということだった。水面でカメのようにふらふらしないようにすればいいのかな。
*ニュース2:ココヘッド山火事*
夜、ドライブをしていてふとココヘッドを見ると明かりがついていた。頂上と中腹に光があったため、「今日はどうしたんだろうね。明かりなんてあったんだね。」と話していたのだが、もう少し近づいてびっくりした。明かりが増えたばかりでなく、ちらちらとまたたいているのだ。そう、火事だったのだ。風が強かったので、飛び火したらしくまだらにもえていた。

こんなこと、思ってはいけないことわかっているのだけど、怖いのと同時にきれいだった。Hawaiiの夜景はオレンジの光できれいだ、と前にかいたことがあるかもしれないが、それと同じ色がまたたいているのだ。それが火事だということが余計に、不思議な感傷をもたらしたのかもしれない。さらに道を進むと、パトカーと消防車がとまっていた。そして、数分後には通行止めになっていた。
次の日、ココヘッドの近くに住むShoに話を聞くと、100メートルのところまで火が着ており、非難できるよう貴重品をまとめていたとのこと。ニュースを見た限りは、住宅に被害はなかったようだ。
*先輩からのメール*
JAIMSに来る前に、一番いろいろと教えてもらっていた先輩に久しぶりにメールを書いた。来る前に準備をしておいたほうがいいこと、お勧めの本、そして私の不安についていろいろとメールで教えてもらっていてそれがとても役に立っているので、現状報告を兼ねてお礼のメールを書いたのだ。
その返信が届いたのだが、外資系のコンサル転職をした、とのニュースにびっくりした。でも、同時に共感した。私は決して今の会社を辞めようと思ってここにきたわけではないが、こうしていろいろなバックグラウンドを持つ人と出会って話をしたり、いろいろな授業を受けることで「今の私でいいのか?」「もっと違うことをやってもいいのではないか?やるべきではないか?」ということを考えるようになった。
JAIMSで学ぶ、といういい機会を与えてくれる会社には感謝しているが、それを活かせる職場がなくて去っていく人がいることは責められないのではないか、とも少し思う。自分のキャリアプランと職場が合わなければ転職をする、というのはあたりまえになってきている。そんな中、JAIMSから帰ったらみんな転職をしてしまう、と嘆くのであればそういう人にとってももっと魅力的な会社になるべきだ、というのは極論すぎるかな。でも、実際にFujitsuから毎回5-6人派遣されてくるが、多数の人が帰国後転職するという。
私自身は、というと日本にいたときは部門にこだわりすぎていた、というのが今感じていること。帰国後は、社内のほかの部の仕事や社外の情報等も調べて、本当に自分がやりたいこと(Marketing関連やCRM)を追求してみたい、と考えている。とりあえず、今は視野を広げるためにあえてあまりキャリアについては考えないようにしているので、日本に帰って通常業務に戻ってから真剣に考えたい。

11月3日 今週は大変!
気づけば今週は毎日、プレゼンテーションがある。提出課題も固まっていて、とても大変な週だ。さらに、今日の2つの授業も最終課題が出された。スケジュールはこんな感じ。
月:Investment、火:Business Research、水:IT、木:Project Management(レポートも)、金:Investment(テスト&ディベート)&Communication、土:Accoutingのメール&レポート、来週月:Negotiationレポート
ふぅ。ため息しか出ない…。しかも、月曜日からみんなに「疲れてる顔してるよ」と言われてしまった。週末の疲れを取るのが月曜日なのはこちらでも同じようだ(笑)
Global Investment Management by Mr.Kiyohiro
S&P500社から買いと思う5社を選んで、プレゼンテーション。苦手意識を克服したかったため、Ronaに進められるがままに「5社を選択するときに使用した指標」を発表することに。そして、自分が担当となった企業についてももちろん。あまり上手にプレゼンできなかったため、克服できたかどうかは不明だが、前よりは興味はわいてきている。先生からのコメントがなかったのが残念だった。
前回の授業の内容が全然わからなかったことを伝えていたので、Fundについての資料をもう一度ゆっくり説明してくれた。最終テストに出る、ということでびっくりしていたのだが、表を作れるようになるのではなく、読めるようになればいい、とのこと。ほっとした。
そして最終課題の説明があった。なんと、嫌だ嫌だといっていたInvestmentの授業も今週の金曜日が最終授業。怒涛のごとく過ぎていった授業だった。最終課題は、ディベートということでうちのチームはP&G、そして相手は3Mということだ。とりあえずは、その2社の強みと弱みを調査する分担をしてまた集まることに。もともとRonaがうちのチームにいたのだが、最終ディベートには参加しないという。うーーん、かなり頼りにしていたのに。うちのチームはIchiro、Madoka、Ryoko、Micheyの4人。どう考えても私が一番金融に弱いので、せめて足をひっぱることはしないように頑張ろう。
Financial Accounting for Managers by Mr.Zhuang
株式情報一覧の読み方を教わった。最初に資料が配られたときには、「investmentと同じ?」とひるんだが、とてもわかりやすい説明だった。初心者の私には、この先生くらいゆっくりとじっくりと話してくれるほうが理解できる。AccoutingとInvestmentはセットで取ったほうがいい、という先輩のアドバイスがとーーーってもよく理解できた。内容がかなりかぶっているのだ。つまりは2回聞けるのだ。

ちょっと脱線するが、スタバの株価が下落したときの原因が面白かった。
・「Every Corner is Starbucks」をスローガンにして、テリトリー戦略をしなかったため、店舗同士が競合してしまった。
・一番ターゲットとなりうる、主婦を客層としてまきこめなかった。
ということらしい。
そして、こちらも最終宿題が、、、。1. 質問を先生に送る、2. Financeの視点で企業を選び、0.5ページのレポートを書く。「2」のほうは、二人一組ということだったのでYaと一緒にやることに。彼女はInvestmentを取っていないので、Yahoo Financeの見方を簡単にLecture。教えてみて、初めてちょっとは学んだことあるのかな、なんて思ったりした。YahooFinanceの活用の仕方がわかったくらいだけどね(笑)

11月4日 忙しいよぉ&妹からのメール
最近、また目覚ましが聞こえない。今朝も気づけば6時50分で待ち合わせ時間を過ぎていたのでマラソンはあきらめて、2度寝。7時半まで寝ていたが、そのあとはYear Bookの個人のページを作るのにずっと集中していた。(これも、コミュニケーションチームのお仕事です。)
学校で、Yutakaに会ったとたん笑われた。もちろんマラソンにこなかったから。「今日も目覚ましが聞こえなかったから、目覚し時計を買おうかなぁ」と言うと、携帯電話がアラーム機能があることを教えてくれた。さっそく、6時20分にセット。明日からダブル目覚ましで頑張るぞ!
Written Business Communication - by Mr.Otuji
今日は、前回の宿題をチームの人と交換して、お互いにレビューをし合うというもの。私の相手はJuliaだった。ビジネスレターを書くのも難しいけど、レビューするのはもっと難しい。しかも、Juliaはとても英語が上手なため、なかなかコメントをするのが難しかった。もちろん、ほめるところはいっぱいほめたけど、それだけではダメだろうなあ、と思ったりもして。結局「全体的にはとてもよいけど、最初に相手の手紙に対するお礼の文言を追加したり、謝罪の文章をいれるともっとよくなると思う」というコメントにとどまった。私のほうは、もう少し状況説明(なぜ、アイスクリームのパッケージが茶色いのか)を詳しくしたほうがいい、とのコメントをもらった。このレビューを元に修正を加えるのが次回までの宿題。
前回の宿題が返ってきたのだが、いままでにない悪い点でびっくりした。コメントもいっぱいかかれていたので、修正して再提出しなければ。だんだんとテーマが難しくなってくるので、気を抜かずに頑張ろう。
この授業は1コマずつ週に2回入っている。あっという間に終わっていくほかの授業と違って、細く長く続く感じだ。そして、実際に書く宿題が毎回出るため、とても実践的だし、英語力を延ばすには最適なスケジュールになっていると思う。(実際に伸びているかどうかは別として。)
*Year Bookのワークショップ*
コミュニケーションチームのお仕事として、Year Book(要はアルバム)をつくる、というのがある。そのコンテンツの中で、個人のページは各々に作ってもらう必要があるのだが、誰も期限までに提出してくれないので、考え出した案がワークショップ。コミュニケーションチームは、サンプルとして自分のページをつくってくるように、ということだったので今朝一生懸命作っていたというわけだ。
担当のRonaが中心となって進めていくのだが、最初のice breakとして、背中に一人一人紙を貼り付けて、そこにその人のポジティブな印象を書く、ということをした。つまりは、自分の背中に張ってある紙には、自分の印象が書かれていく。自分がどんな風にみられているか、というのがわかって面白い。人のに書くのも面白かった。でも、書きたい言葉は既に書かれていたりして…。
Micheyがもらった言葉はこんな感じでした。みんながもってる印象と同じですか?
Cute, Smart, Relievable(癒し系。やった!), Nice, Thoughtful(思慮深い), Active, Bubbly(企業派遣だから・・・かな), Hard worker, Smile, Yammy(おいしい。。なぜ?), Busy, Funny, Active, Attractive, Lovely, Cool
Positiveなことだけ、という制約付だからいい言葉ばかりなのはあたりまえなのだが、嬉しかった。 
*Investmentにはまる*
まずは、同じチーム内で分担して私とMadokaがP&Gの強みと弱み、IchiroとRyokoがディベート相手となる3Mの強みと弱みを調べることになった。ということで、Madokaと2人でミーティング。すぐおわるかなぁ、と思ったのだが、なかなかまとまらず、2時間も2人で調査をしていた。とりあえず、今まで学んだことをフルに活用しながら、インターネットサーチをしてみるが、「自分を知るにはまず敵から」といろいろ調べていくうちに3Mの方がよく見えてくるし、情報も多いし、とまらなくなったのだ。会計の仕事をしていたMadokaにいろいろと教えてもらいながら情報収集。これをもちよって、明日チーム全体で打ち合わせをする予定だけど・・・。
Business Research: A Management Tool by Mr.Yoshihara
一つ目のレポートの提出日。簡単なプレゼンテーションもするということだったが、結局やらなかった。ほっとすると同時にちょっとがっかりしたような…。休み時間に「Your case is very interesting.」といわれてびっくりした。先生にちゃんと覚えてもらっているとは思わなかったのだ。メールでも、面白いケースだという熱いコメントをもらっていて、頑張らないとなぁと思っていたのだが、ますます頑張らねば。ちゃんと認識してもらっていたというのは、モチベーションにもつながるし、いいプレッシャーにもなる。自分の会社の情報漏洩の話なので、「Can you collect information?」と聞かれたが、「Confidential Matterもあるかもしれないけど、社内外から情報を集めるつもり」と答えた。でも、実際にこのテーマではリサーチをしない…はずなのだ。
*妹への誕生日プレゼント*
今日、妹からメールがきていた。なんと、こちらから送った誕生日プレゼントが、ちょうど当日に届いたという。(妹の誕生日は11月4日)。正直言うとそこまで計算できていたわけではないのだが、だからこそ余計にその偶然が嬉しかった。木曜日に送ったので、4日ほどでついた計算になる。
ハワイっぽいCrazy ShirtsのTシャツを送ったのだが、さっそく着た写真を送ってくれた。似合っているし、サイズもぴったりのようでほっとした。友達に自慢もかねて(私は妹好きなのだ)写真を見せまくったのだが、みんなに「似てないけど、目もとの雰囲気が似てる」といわれた。さらにJuliaは「Your older sister?(お姉さん?)」と。嬉しいこと、言ってくれるじゃないですかぁ。

妹から届いた写真
似てる?似てない?
 
11月5日 まだまだ忙しいよぉ*
とにかく今週は忙しい。ふぅ。
Managing Information Technology for Your Business - by Mr.Bruce
今日のテーマはネットワーク。Hawaiiはアジアに近いため、サテライトの拠点として注目されているという話だった。
光ファイバーケーブルの実物を初めて見た。DSLとケーブル(Cable modemといっていた)が主流らしい。光ファイバーについては幹線道路や新しいオフィスビルには導入されようとしているが、自宅や各フロアにはLANにコンバートされてが使われているのが主流ということ。日本と同じようにインフラ整備中、というところなのだろうか。Dyungにベトナムのトレンドを聞いてみると、ADSLが主流らしいが1ヶ月に$60もするらしい。 
*Business Researchの相談*
RonaがBusiness Researchで選んだトピックは、Hawaiiの病院、Queens Hospitalの問題、だった。ITの先生に相談して選んだテーマということだが、ITでのコスト削減の失敗に着眼しているので私も興味があった。実際にインタビューにいければ、最後のグループワークの課題としてもいいかもね、と前の授業のときに話をしていた。もう少し、詳しい情報がほしいということで、ITの先生(Godon)に相談するのに一緒に話を聞いた。
病院の性質上、未払いが多いことが赤字経営につながっているらしい。保険の仕組みや問題となっている部分の話を聞いた後で、Ronaに「So, what should we do?」と聞かれたので、赤字経営の問題は広すぎるので、やはりITなど特定の分野に特定したほうがいいのではないか、という意見を伝えた。ITなら同じチームメンバーのSatoruも私もバックグラウンドがあるし、Gordonの人脈でインタビューもしやすいし、情報も入手しやすいのではないか、と。
Global Investment Management by Mr.Kiyohiro
今日の授業は金曜日のDebeteの準備に当てられました。この先生はあまり授業をするのが好きではないのか、時間になるとぴっと帰るし、グループワークが多いし、それに対するコメントは少ない。授業よりもクラスメートに教えてもらったことのほうが多かった気がする。私にとっては少し金融に近づいたとはいえ、あまりわからないままに終わってしまったのだ。金曜のDebeteではP&Gの株を買うのを進める、一番最初にしゃべる役になった。一番、できそうなパートをMadokaが譲ってくれたのだ。どうもありがとう。
*Investmentにへとへとに*
木曜日のPMの最終プレゼン、金曜日のInvestmentのDebeteのために休み時間は打ち合わせ続き。比較の問題か、PMのプレゼンが軽く思えてくるのが不思議だ。というよりもInvestmentが重過ぎるのだろう。結局2時から5時半までグループワークをしていてへとへとになってしまった。「前回の分担で調査→情報共有→再分担して調査→情報共有→Strategy会議→役割分担」とやっていったのだが、調査が長くて大変だったのだ。知識がない中での調査は大変だということを痛感。データは集められても分析までできないのだ。数字を用いた定量的な分析は私には難しかったため、企業の戦略やアナリストの意見といった定性的な情報の収集につとめた。
Ronaは旅行のため、Debeteには参加できないのだが、どうやってDebeteを進めたらいいか一緒に考えてくれた。(それなのに途中でうとうとしてしまい、「Are you sleepy?」といわれてしまった。集中力が限界だったのだ。ごめんなさい。)それをもとに役割分担して明日、あさって集まることに。
この打ち合わせで頭を使い尽くした私は、しばらく何もできなかった。なんというか、本当に力の全てを出し切って、充電がきれ気分転換にLongsにいって、夕飯を食べて卓球をして、ようやく他の宿題を。それでも、Investmentはできなかった。ふぅぅ。ここまでつかれるとはぁ。。。

11月6日 PMプレゼン&終了!*
今日は久しぶりに熟睡!朝の6時10分に目覚ましがなる直前に目がさめた。目覚ましが壊れて毎日聞こえないのかと思っていたが、ちゃーんとなっていた。「さー、久々に走るぞ!」と思ったら…大雨が降りはじめた。慌てて外に置いてあった靴を取りに行き・・やむ様子もないので2度寝(-_-)zzz
Financial Accounting for Managers by Mr.Zhuang
今日は前回の復習テストがあり、そのあとはBondの話だった。ちょっとついていけなかったかなぁ。前回同様、キャッシュフローの話だったと思うのだが…。あまり集中できず、ごめんなさい。

Project Management by Ms.Yoshihara
今日は最後の授業ということで、各々のプロジェクトの最終発表。チームは「Halloween」「Hawaii Trip」「Maui Trip」(実際には、このチームが企画してKauai島に行く)「X'mas」(Michey所属)。このプレゼンテーションで思ったことは、みんなプレゼンテーションが上手になっている、ということだ。私自身も、前に立って話すのにそんなに緊張もしなくなったし、楽しめるようになってきている。そして、みんな面白い内容にしようと、ユーモアを交えているのも今までとは違った点かな。そのままプレゼンテーションをするとおもしろくなくなる、ということでもりあげようとしているのだ。おかげで飽きないプレゼンテーションだった。クリスマスチームもなかなかだったのではないかな。Micheyの写真がネタにたくさん使われましたが・・・。ちなみにプレゼンテーションの中では、私がフラメンコをパーティーで踊ることになっていましたが、実際には踊りませんのであしからず。
*授業終了パーティー*
Project Managementの授業が終了!ということでちょっとしたパーティーがカフェテリアであった。Ms.Yoshihara主催なのだが、炊飯器&サラダ&チキン&ロースとビーフ&飲み物を持ってきてくれるという準備のよさ。打ち上げを先生が企画してくれるなんて…すごいなぁ、と思いながら腹ごしらえ。おいしいおいしい。後半にはゲームもあり、PMのチームごとにゼスチャー伝言ゲームをした。これがなかなか難しいけど面白かった。ゲーム自体はテニス部の合宿でもしたことがあるのだが、みんなが必死になって伝えようとしている姿にはおおうけ。
そして最後には恒例の、集合写真。お疲れ様でした!
 

11月7日 今週の大山:Investment
今日はこの1週間の大山、Investmentのディベートがある日だ。ずーっとくるしんできたInvestmentが終わるのは嬉しいけれど…最後に重たい重たいディベート。11:30から再度チームで集まって、最終ミィーティングをした。このInvestmentのディベートは大学時代のゼミの同級生のIchiroと一緒だった。彼に指摘されて気づいたのだが、初めて一緒にやったグループワークだった。「大学からの知り合いだったのに初めて一緒にプレゼンテーションするって最後にいっていい?」と聞いてきたIchiroに「いいよぉ。でもInvestmentと関係あるかなぁ?」と言ってしまった私。微妙に落ち込んでいた(気がする)Ichiro。ごめんね。
Global Investment Management by Mr.Kiyohiro
考えてみれば、Micheyの人生ではじめてのディベートだ。投資家に自分の担当となった会社をアピールして「買いだ!」と思ってもらうのが目的。
私の担当は自社(P&G)のプレゼンテーション部分。7分くらいだろう、という見積もりをしていたのだが、実際には10分ということで・・・きいてないよーという感じ。一人で10分のプレゼンテーションなんてLeadershipのプレゼン以来だ。こっちの授業はプレゼンテーションが多いのだが、10分となるとかなり準備も必要だし、緊張もする。久しぶりにとても緊張して手までふるえてしまった。(相変らず、みんなには緊張はばれていなかったようですが。)そして、プレゼンテーションの後は、相手(3M)のプレゼン、P&Gの反論(Rebuttal)7分、3MのRebuttal7分、P&GのConclusion7分、3MのConclusion7分、と続いた。
Investmentの授業だったため、私たちのチームは数字の分析に力を入れていたのだが、他のチームはビジネスプランやストラテジー、ポテンシャルといった会社の強みに力をいれてアピールしていた。先生が「シンプルでわかりやすい」とコメントしたAmazon.comのプレゼンテーションも「私たちは数字が悪いことはわかっているから、ふれません」と言ってひたすらビジネス戦略をアピールしていた。プレゼンテーション自体、コメントどおりとてもわかりやすかったしよかったのだが、Investmentの授業とこのディベートの関係がいまいちわからなかったなぁ、というのが正直な感想。(このチームだけじゃなくて全体的に。)3MのRebuttalもひたすらP&Gの不祥事やPRの話に注目していた。(嘘の表記がポテトチップにあった、とか古いシャンプーを買った・・・とか。)
話はもどって、私たちのRebuttalやConclusionなのだが、相手のプレゼンやRebuttalを聞いていろいろと内容を考えたにも関わらず、どちらも時間内に終わらず…。とても悔しかった。力を入れていた分、不完全燃焼だったのはチーム全員同じだったらしく、終わったとたんに「反省会しよ。反省会。」といって「時間内におわらなかったのがいたかったね。」「Rebuttalに対する返事はいらなかったかもしれないね」など口々に反省を。結果はやはり、3Mの勝利。本気でちょっと凹んでしまい、素直に喜んでいるチームを祝福できなかった心の小さいMicheyでした。でも、本当に悔しかったなぁ。
もう1つのディベート「Yahoo vs Amazon」ではAmazonが勝利。どちらのディベートも、財務状況がよいほうではない会社にぐんぱいがあがったのがおもしろいところ、かな。


P&G Team
ちょっと凹み気味


恒例の集合写真
先生はどこ ?

Business Research: A Management Tool by Mr.Yoshihara
Investmentでへとへとになってしまい・・・100%の集中力で望めなかったのがちょっと悔しいところ。この先生はかなり集中して聞かないと、英語が音になりやすい先生なのだ。なにが違うのか判らないけれど、楽に聞ける英語と、集中しないと音に変わりやすい英語がある、ということに授業を聞いていて気がついた。テンポなのかトーンなのか…。

今日の内容はデータの分析方法、グラフの使い方、分析値の出し方(中央値とか標準偏差とか)と統計の授業のようだった。大学の統計学の授業を思い出した。
雑談で、キアヌ・リーブスがハワイ出身だという話になった。びっくり!したので、授業とは関係ないのですが、書いてしまいました。
*年末年始のホテル*
年末年始に友達が来るための準備をようやくはじめた。もちろん、遅すぎるのはわかっているのだが、忙しすぎて、なかなかそこまで頭が回らなかったというのが正直なところなのだ。Ritaとすれ違ったときに「年末年始でもJAIMS価格でホテルって取れるの?」ときくと、「とれるけど、早めに取ったほうがいいよ。混雑する時期だから」という答えをもらい、慌てて日程を伝えに行った。私がきたときにとまったホテルは、既にもういっぱいだという。うーーん、やはり遅かったか。とってもあせって、リストから順に選んで問い合わせてもらうと、なんとか部屋は確保できた。どんなホテルかはちょっとわからないのだけど、OceanView、キチネット付というから、まずまずかな。リサーチ&プランニングを開始せねば。でも年末年始にもかかわらず、JAIMS価格で&65とはとってもお得♪
*待ち望んでいたShack*
今週ほどビールが飲みたくて飲みたくて仕方がない金曜日はいままでなかったと思う。1週間フルに頭を使っていて、今日も10時までNegotiationの宿題をして…。ということで10時からShackへ。ShakデビューのRyokoをはじめ、かなりの大人数でした。JEMBA、CHEMBAの人にNegotiationのヒントをもらったりもして。(「日本人と交渉するときにアメリカ人が難しいと感じること」という設問が会ったので、その質問を投げてみたのです。「首を振っても”Agree"を意味しないところ」「Yesといっても本当はYesではないことがあるところ」等々参考になる意見をもらえました。)でも、ビールにワインにちょっと飲みすぎちゃったかなぁ。

 
大人数でShack
ストレス発散中!?


11月8日 一難さってまた一難
今朝は早朝テニス(7:00から)の予定がおきれず…。7時40分に目がさめて、Paulに「脱落です。ごめんなさい」との電話をかけた。やはり先週1週間の疲れがどっとでてしまったのかな。でも、ふと考えたら今テニスをしているのは3人。ダブルスをするには行った方がいいのではないか、と思い車を持っているSatoru(彼も行く予定だった。が・・・)に電話してみるも出ない。どうやら爆睡しているらしい。ということで二度寝。
*病院*
ちょっと体調が悪かったため、病院などに行ってみた。AIUの提携先だとキャッシュレスでOKとのことなので先週から予約しておいたのだ。日本語が通じるのかと思いきや、電話でも受付でも英語。看護婦さん一人と先生だけが日本語が通じるという状況だった。問診表を英語で埋めるのは難しかった。専門用語が出てくるとやっぱり今の英語力じゃぁ無理ねぇ、なんてあたりまえのことを改めて実感。
先生は暇なのか、いろいろおしゃべりしてきた。JAIMSで勉強している、というと息子の話になり…。なんでも息子さんはJAIMSで勉強して日本でインターンしてそのまま日本人の青森出身の奥さんをもらい、今は横浜で弁護士をしているという。写真まで見せてくれて…。まぁ、体調もそんなに問題なかったからいいんだけどね(笑)。お薬を出してもらって無事終了。キャッシュレスでOKというだけあって、終わったらそのまま帰っていいという。
薬はLongsで受け取れるということなので、HawaiikaiのLongsを指定して、さっそく薬を取りに行った。名前を伝えると病院から電話がいっているようで、20分ほどで薬を用意するという。電話がきているのに待たされるのはなぜ??と思いながらも出直すことに。こちらはキャッシュレスではいかなかったため、$85も取られてしまいました。保険の手続きをしなくてはいけません・・・。
*宿題の山*
私のHPを見ていると、遊びに忙しそう、とのコメントが日本の友達からきたが、そんなことない。いや、そんなことないといったら嘘になるかもしれないが、十分勉強だって忙しいのだ。というか、この時間は2度とこない、と考えると何もかもやりたくなってしまうのがMicheyの悪い癖なのだ。今週末も日曜日につり&BBQ、来週の火曜日(学校はお休み)にDivingの予定をいれてしまったため、今日は必死で勉強。
今わかっている来週までが期限の課題は、Accounting(今日)、Negotiation、ProjectManagement、Writing、IT。まずは、目の前の敵と思い、Accountingを片付け、月曜がDeadlineのNegotiationに取りかかることに。昨日CHEMBAのCurtにちょっとアドバイスをもらっていたので、それを参考にしながら書いた。内容は「日本人がアメリカ人と交渉するときの難しさは何か。それをアメリカ人はどうやって克服すべきか。」そしてその逆だ。そのほかにも「お金の交渉のときの10つのルール」「授業で学んだ中で最も大切な10つのスキル」。先生いわく、本にのっているないようではなく、自分の意見や独自性のあるものを求めている、ということなので今までの経験をいろいろ思い出して書いてみた。お金の交渉は割と好きだし…(笑)なんとか目処は立てられたかなぁ、というところ。ICMPの先輩が言っていた「もっと忙しい日はこれからくるよぉ」といっていたのはこれだったのね。
*やっぱりテニス*
タイ料理を食べに行くけど・・・とかアラモアナに行くけど・・・とかこういう時に限っていっぱい誘惑が…。誘ってくれてありがとう、でもねでもね、宿題が、とめずらしく断ってしまった。その代わり、ではないのだけどやっぱり脱落したもののテニスがしたくって1時間だけテニスをしてから帰りました。こうして気楽にちょっとした気分転換ができるのがここのいいところだ。誘惑が多いのが辛いときもあるけれど(笑)。

11月9日 Fishing!のはずが…ひたすら寝た日
今日の予定はボート釣り!Yutaka企画で13人が参加予定。5時にJAIMS集合ということで、4時過ぎに起床。最近、目覚ましも携帯のアラームも聞こえないので、モーニングコールをお願いしてなんとか起きることができた。でも、早起きってわくわくする。5時40分ごろにYutakaから電話があり、ピックアップしてくれるとの事。ラッキーと思いながら家で待ってました。
*Fishing!*
Linaの車でいざボート乗り場へ!場所はどこかとおもったら、Ward Warehouseの目の前のボートハーバー。一番最初のワイキキ滞在時にジョギングで通ったところでした。道路の反対側を走っていたので気づかなかったのですが、たくさんのボートが泊まっている前に小屋があって「Fishing」とか「Sashimi」とか書いてあるではないですか。私たちが予約しているボートを探して…まずは記念写真。
船に乗ってからは、船の説明と釣れたときにどうするのかの説明。そして、じゃんけんでつれたときにさおをひいてリールを巻く人の順番を決めた。私は9番目。つまりは、9匹つれてくれないと役は回ってこないということだ。私の予想していた釣りとは違い、かじきまぐろとか大物を狙うらしい。船から5本の糸を流して周遊しながら獲物がひっかかるのをまつのだ。ひっかかるまでは、ひたすら待っていればいいらしい。しかーし!これが、まてどくらせどひっかからない。船長さんが双眼鏡でひたすら遠くを見ている。何かと思ったら、魚群探知機の代わりなのか鳥がたくさん飛んでいるところを探しているとの事。なんとも原始的。
そのうち波が強くなり、睡魔も襲ってきてMicheyは早速寝てしまった。しばらくしておきると、ほとんどの人が波か睡魔、どちらかにやられて寝ていた。おきてぶどうを食べて、船の上にあがってみるも、また大波…。船酔いになりやすいのはわかっていたため、また寝ることに。そして、結局おきてはなにかをたべ、または飲み、また寝る・・・の繰り返し。Coronaをかかえたまま寝て、おきてまた飲んで、「魚は?」と聞き、次にはCoronaを倒して「し〜(内緒にしてね)」といい、また寝てしまった私の姿にEriがおおうけしていました。なんとか、船酔いにいはならなくてすんだのですが、7〜8時間くらいひたすら寝ていた感じでした。眠いから寝ていたと勘違いしていた人も多かったようですが、船酔い予防です!念のため。
結局、魚は1匹もつれず西のほうまでボートでいってもどってきたのでした。
*くじら!*
でも、1ついいことが!なんと、くじらをみることができたのです。西の方の沖合いに。ちょっと遠かったのですが、ざっばーんと黒い物体。ちゃんとしっぽの形も確認できました。みつけたのはやっぱりTomo。.この前のあざらしといい、今日のくじらといい、大物を発見するのが得意なようです。みんな、これには大興奮!Micheyも飛び起きて見に行きました。・・・ていうか釣れたんだと思って飛び起きたんだけどね(笑)
*Chowder Houseのお昼*
本当は、Yutaka家で釣った魚のお刺身とBBQを食べる予定だったのですが、おなかもすいてしまったし、魚もなかったためWord WarehouseにあるChowder Houseへ食べに行くことに。シーフードレストランなのですが、名前のとおりクラムチャウダーがおいしかった。ちゃんとパンに入ったクラムチャウダーを頼めるのです。お店の中にはとる予定だったかじきマグロや、マヒマヒなどの飾りがあってちょっと悔しかったけど。Micheyはここで、クラムチャウダーとエビ&ホタテのグリルを注文。とってもおいしかったのですが・・・どうやら船酔いらしく、気持ち悪くなってしまいました。さらにはおなかもこわし・・・出がけにはグラスも割ってしまい…なんとも不調。
*恐るべし船酔い!*
なんかそのあともずーーっと体がゆれている感じで気持ち悪かった。帰りの車で「I feel that every parts of my body is broken」といったらみんな受けていたけど、本当に、めまい、頭痛、腹痛、だるさ、気持ち悪さ・・・で散々だったのだ。「早く家についてー」という感じ。Linaは「私がゆれてみえる?」とわざと体を上下にして遊んでいたが、「冷たいシャワーを浴びて寝るといいよ」というアドバイスもくれた。Yutakaはジャグジーに誘ってくれたものの・・・うーーん、無理なり。おとなしく寝ます。
家に着いてから、シャワーをあびる余裕もなくバタン。Negotiationの宿題をする予定が…。夕飯まで寝てしまった。そして、久しぶりにホストファミリーと夕飯を食べて(Micheyが家にいるなんて、不思議な感じ、といわれてしまった。)またしてもバタン。夜中に何度かおきて、Negotiationを試みようとするもバタン。結局朝の6時くらいまでひたすら寝つづけたのでした…。次の日みんなに聞いてみると、他の人も12時間ねた、とか帰ってから朝までねた、とかとか。