11月24日 実際の企業にインタビュー!*
昨日の帰りに「明日はマラソンお休みだよね。」とKeikoに確認されたため(確認されてほっとしたのだけど)、マラソンはお休み。それなのに、旅行前の目覚ましを解除し忘れて5時に一度起きてしまった。そのあとも6時にもう一度、7時にもう一度、そして7時過ぎにようやく起きたのでした。やはり旅の疲れが体中に・・・眠い1日になりそうです。
Entrepreneurship- by Mr.Garrity
Business PlanのOverviewの提出&発表があった。私が選んだBusinessはビーズのインターネット販売。そう、趣味と直結したサイドビジネスを狙おうと思ったのだ。Jamieのビーズを実際に日本に帰ってから売ろうと考えているし、時間があればきちんとしたビジネスにしてもおもしろいかな、と考えているから一石二鳥。でも、ただビーズを売るだけのページはたくさんあるので、WeddingやDance(Flamenco、Hula)、ギフトといったシーンにあうビーズアクセサリー&価値を提供しようというもの。実際に自分の人脈も使って、最後にはHand-madeを専門に扱うポータルサイトを立ち上げる、という話をした。でも「Sounds like a good idea. Go for it.」というコメントのみで、ちょっとがっかりした。
その他今日の授業の中であった面白い話:KFCを日本で流行らせた人は、今は引退してHawaiiKaiに住んでいるらしい。ケンタ(ッキー)大好きなMicheyとしては会ってみたいところ。マクドナルドの中学校の近く、家に帰る道沿いに店舗展開をした。KFCの日本での店舗展開の条件は50,000以上の人通りが1時間にある駅の近くだったらしい。
*ITの最終レポートに対するコメント*
Gordon(ITの先生)からITの最終レポートに対するコメントが返ってきた。レポート内に赤字で不明確な点へのコメントや質問がいろいろと書いてあった。それ以外に、スペルチェック&グラマーチェックをしたらいいよ、とのコメントが。もう、ここにきて3ヶ月になるのにまだ文法的に正しい文章が書けていない。HPを見てのとおり、日本語でも誤字脱字が多いので、性格もあると思うのだが今の私の英語の課題、だ。Speakingもしかり。正しい英語をしゃべれるように、そして書けるようになりたい、という目標はまだ達成されていないということを痛感するコメントだった。
*Business Researchのインタビュー*
Business ResearchのインタビューのためにダウンタウンにあるPR Company、Starr Siegelに同じチームのSatoruとRonaと出かけた。ITの先生のGordonのアドバイスのもと、彼が実際にコンサルティングを行う会社にリサーチ対象を変更したのだ。
2年前に導入したProject管理&会計のソフトのコンサルティングとの事。まずは、2日間に渡っていろいろな部署の人に話を聞くということなので、授業が許す限り同席をさせてもらうことになったのだ。Gordonは私たちを学生としてではなく、実際の仕事も含めてビジネスマンとして紹介をしてくれたのでびっくりした。それと共に緊張もしたりして。
でも、インタビューに同席して愕然としたのは、自分の英語力だった。あとでSatoruに「全然ついていけなかった。3ヶ月間何をしてきたんだろうって思った。」と話したら彼も同じように感じたとの事。実際のビジネスの場になるとやはりもっと英語力が求められるのだ。BEPで実践の場で使えるレベルの英語を習得することを目指したい。実際の現場に同席できたのはそういう意味でもよかった。もちろん、ITコンサルティングの現場をみれたのもとっても有意義だった。システムが導入されていても、思ったよりマニュアルの作業が残っているのにびっくりした。タイムカードは手で書いたものを1週間に1回担当者が打ち込んでいたり…。
*Swatchの話*
Halloweenの時にSwatchの時計を買ったのだが、これがなかなか好評。ピンクが私らしいとか。こっちではかなりカジュアルな格好をしているし、マラソンにテニスに運動をすることが多いから、かなり愛用&お気に入り。今日のインタビュー中にも、そこの会社の人に誉められた。「Where did you buy it? I think it's quite new. I think I will get one.」と。インタビュー中にこそこそとおしゃべりをしてしまいました。でもこういうところから会話が始まるのも面白い。
*Ronaの話*
帰りの車の中、Ronaの仕事の話や恋愛話などを聞いた。Corporate Strategyの話から、HRでの仕事の話。なんでシンガポールにきたのかという話。私が一番びっくりしたのは、シンガポールではまず、オペレーターの仕事をしていたということ。コンサルタントの仕事をしたかったのだが見つからず、なんでもいいからと思ってしていた仕事らしい。そこからCEOに買われてCorporate Strategyに異動したというのがさすがだけど。今の強くて(彼女も私と同じで気が強いタイプ&人としても強いと思う)頭のいいRonaの原点を垣間見た気がした。一緒にグループワークをしたりいろいろ話をして、Ronaも魅力的な人だなぁと思った。
Business Research: A Management Tool by Mr.Yoshihara
前回の続きで統計学のようなことをやったあと、中間発表のコメント(一番大事なリサーチプランのところが弱かったと)のあと、最終発表についての話。どんな内容を盛り込むべき可の説明の後は、グループごとに準備だ。またも3人で集まり、今後のプランを決めた。早く終わらせたい、というRonaの希望の元、来週集中的にミーティングを行うことに。それはいいのだけど、土日にグループミーティングをいれようとするRonaにはちょっとまいったなぁ。頑張って阻止したけど。Micheyは仕事でもそうなのだが、できる限り土日には仕事関係の予定はいれず、Privateと切り離して考えたいタイプなのです・・・。決してやる気がないわけではないのですが。結局、次回のミーティングまでにRonaがIntroduction部分のレポートを、Satoruと私がインタビュー結果をまとめることになった。

11月26日 ゴルフのスイング&ヤモリ
前半は書き途中です。m(_ _)m
*ゴルフの打ちっぱなしで上機嫌に*
今日は学校が5時で終わってしまったため、仕方なく(?)ゴルフの打ちっぱなしに行くことに。ハワイにて2回目だ。たまたまみんなと一緒になって、Paul、Koji、Martin、Tomo、Satoru、Linaと一緒に。前回AkikoとPaulに教えてもらったのだけど、すっかり忘れてしまっていてなかなか思うようにいかない。というか、当たらなかったり、なぜかバウンドしたり。もういちどPaul大先生に教えてもらって、なんとか当たるようになった。そこからはもくもくと練習。最後のほうには当たるようになり、50Yardまで飛ぶようになっておもしろくなってきた。Hawaiiにいる間に、ショートコースデビューを目標に頑張ろう。
初心者の私に、みんなかわるがわる来て教えてくれたのだが、「スウィングはきれいだけど飛ばないよねぇ」という話から「スウィングがきれいだから、うまくなるよ。」「5年くらいゴルフやっているみたいなスウィングだよ」とみんな口々に誉めてくれた。単純なMicheyはまたしてもかなり上機嫌!ゴルフ、真剣にやってみようと思ったのでした。本当にきれいかどうかは写真でご確認ください。

*中華料理&警察につかまったKoji*
ゴルフの後は中華料理を食べにHawaiikaiSCへ。先週の土曜日からJamieがいないため、ちゃんとしたものを食べていない。(もちろん、料理はしていないので。)久しぶりに暖かくておいしいものを食べた気がした。後半の話題は明日の10マイルマラソンのこと(詳細は27日の滞在記を見てください。)に。持ち物から着るものまで不安なことを全て解消。うーん、緊張してきたぞ。
中華料理に行く途中、Kojiのらしき車が警察にとめられていたので心配して電話をしてみた。シートベルトが壊れている車らしいので、それが原因でつかまったのかと思いきや、右車線から左折したのと保険を携帯していなかったのが原因との事。お詫び状を2通書いて投函することで、罰金はまぬがれたらしい。ルールをしらないといいはったとか。でも、「Business Writingが活用できるよ。」とか「ハワイでよかった。日本だとリーチかかってたからやばかったんだ」とかポジティブな発言にほっとしました。でも、リーチかかってたと聞いて妙に納得してしまった私。ごめんね…。
*本日のお客様*
今日もシャワーを浴び終わってからバスタブにお客様がいることに気が付いた。今日のお客様はヤモリ。ごきちゃんと違って、見た目はかわいいから許すことにしよう。ということで、記念写真。なかなかすばしっこくて取るのが大変でした。
 
11月27日 10Mileマラソン完走!&Thanksgiving Party
おととい急にMartinにさそわれて、勢いで10マイルマラソンに参加することに。ということで、5時起床。10kmちょっとかなと思っていたら、なんと16kmということでかなり心配してしまい、辞退しようかとも一瞬思ったけど頑張ってみることに。あー、今さらながら真面目に走っていなかったことが悔やまれる。
*そして完走!*
10マイルマラソンの参加メンバーは、Martin、Akiko、Satoru、Keiko、Micheyの5人。みんなホノルルマラソンに出場予定だ。このマラソンはホノルルマラソンの練習という意味合いもあるらしい。
Entry Feeは$2。偶然、Negotiationの先生であったMr.Barkaiに出会ってびっくりした。思ったよりおなかが出ていてショックだった(笑)。Entryを済ませると、アイスの棒みたいのが配られて、そこに名前と自分の予想時間を書く。予想時間と実際の時間が近いと表彰される、という面白いシステム。2時間が制限ということなので、1:57:26と書いてみた。
コースとしては、カピオラニパークを1周してダイヤモンドヘッドへ、そしてカハラモール方面へ走り、ガソリンスタンドで水のサービスがあり、そこからカハラの住宅街を通って、またダイヤモンドヘッド、カピオラニパークと戻ってくるコース。周遊コースと聞いていたのに、これでは、途中で挫折できない。とりあえず、水をもらえる折り返し地点までを目標に「あと少し、あと少し」と自分をだましだまし走ってみた。そして、水をもらうところで少し歩いて、ダイヤモンドヘッドを目標にして再スタート。そして、ダイヤモンドヘッドからはカピオラニパークを目標にして「あと少し、あと少し」と走った。ひざが痛くなったりもしたが、なんとか歩かずに頑張ろうとひたすら足を動かした。「速く走り過ぎないように」というMartinのアドバイスどおり80%の力で走るようにして。
カピオラニパークが見えてラストスパート!しかし、これにだまされた。カピオラニパークというのはかなり広くて、いってもいってもゴールではないのだ。結局、半周くらい最後の力を振り絞ったところに、ゴールがあった。先についていたMartin、Akiko、Satoruが見えたときは正直ほっとした。というのも、ペースが合う人がいなかったため一人で走っていたため、結構孤独な戦いだったのだ。Satoruが水をもってかけつけてくれた。ありがとう。
ゴールのタイムは1:53:53。目標達成!すごい達成感だった。本当に自分が走りきれると思っていなかったから、すごくすごく嬉しかったし感動した。とはいっても、ホノルルマラソンが本番。Martin(彼はマラソン出場経験が何回もある。)のアドバイス通り、6時間以内を目標に土曜日からジョギング再開しようとおもう。


全員無事に
完走しました!


なんとか走れて
達成感の笑顔♪


タイムを書いた
棒で犯罪者風に

*走った後は・・・もちろん!*
記念撮影をしたり、着替えたりしているうちにおなかがすいてきたため、ブランチを食べに行くことに。場所は前に飲茶を食べてとってもおいしかった「Legend Seafood」に。またしてもすごい勢いで飲茶を食べて(正味30分位)、ビールを飲んで大満足!このあと、Thanksgivingのパーティーがあるということをさしおいて、食べてしまいました。「この達成感のあとのビールとおいしいものはたまらないね」と話しながら。うーーん、幸せ。しかも一人$14なんて。。。


おいいしいものを
食べて大満足!


すごい量の空のお皿
食べました〜


ビールももちろん
飲みました

*カウアイのおみやげ*
今日、ホストファミリーがMauiから帰って来た。実は、土曜日から今日のお昼までホストファミリーがいなかったのだ。さみしがりやのMicheyにとって静かな家と、ご飯のない生活はさみしかった。ひさびさにみんなにあえて嬉しかった。Jamieに、カウアイで買ってきたおみやげを渡した。フラダンサーの絵と「Please remove your shoes.Mahalo!」と書いてあるタイルだ。「こういうの、探してたの。すっごく嬉しい。入り口に飾るね」ととっても喜んでくれて、ハグまでしてくれた。私も。とってもうれしかった。


フラダンサーが
Jamieにぴったりでしょ?

*Thanksgiving Party*
Blane(Host Father)の妹さんの家で行われるThanksgiving Partyに一緒につれて行ってもらった。みんなすごくいい人で、ハワイの挨拶(ハグをしてほっぺにチュ-)をしてむかえいれてくれた。子供たちも人懐っこいし、すごくみんな親切なのはHawaiiの人柄かなぁ。シャイなMicheyは最初はおとなしく進められるがままにターキーやらケーキやらを食べていたのだが(かなりおなかは苦しかったけど。)途中から、いろんな話をした。Jamieとビーズを一緒にやり始めてからは、みんな集まってきて口々に二人のビーズを誉めてくれた。久しぶりにビーズを作った。
どんなパーティーなのかなぁ、と思っていたのだが、兄弟姉妹の3家族があつまって話をしたりしてのんびり交流するというもの。寝ている人もいれば、子供たちは公園へ遊びに行ったりして。Jamieはビーズをしているし。そして、Thanksgivingおきまりのターキーがあるのだ。味は…普通かな。
Thanksgivingってそもそもなんなの?」という質問をしてみると、New Englandに開拓者がきた日を感謝するのがそもそもの始まりだという。ターキーを食べるのは、そのころは野生のターキーがたくさんとれたから。そして、今はちょっと意味合いは変わったけど、いろいろなことに感謝をするという根本のスピリットは変わっていないんだよ、と。なるほどー。
帰り道は息子のKai君をカネオヘに送りつつドライブ。いろいろなスポットを教えてくれた。こうして、ゆっくりとホストファミリーと過ごす時間も貴重だなぁ、と改めて思った。残すところあと1ヶ月。もっともっといっぱい話したいな。
本当はJEMBAの生徒が開催してくれるパーティーもあったのだが、時間も間に合わなかったし、マラソンで疲れているので今日はパスすることに。そして、かなりたまった宿題を少しだけ片付けました。


全員集合
みんないい人でした>


ビーズを作り始めた
Jamie


帰り道に見た
きれいな夕焼け

*BEP*
BEPでまたしても悩んでいる。今の候補は前に書いたLeagueというMusical関連のところと、これからオンラインで応募するP&Gとマーケティングコンサルティングの先生のところの仕事。マーケティングコンサルティングの仕事は直接先生に話を聞いて興味があったため、前にここにいた学生でJamieのところに泊まっていたChieさんに相談することに。その前にJamieに話を聞くと「You must be your own boss. She was happy because she had a lot of free time.」と言っていた。つまりは先生が説明していたのとは違い、いろいろ教えてくれるということもなく暇ということなのかな。
この話を聞く前に、やはりハワイに残るのはいやだなぁ、とかメインランドで生活することで新しいことに挑戦したい、という思いが強くなっていたため、私の心は半分決まりかけた。新しいもの好きの私としてはやはりメインランドの刺激が必要だ。Hawaiiでは仲間がいたということもあり、かなり楽にぬくぬくと過ごしてしまったし、前に留学していたときのような新しい環境で自分で切り開いていく、という経験をしていないのだ。Chieさんにもう少し話を聞いて最終決断をしよう。
*やってしまった・・・*
久々にやってしまいました。大ドジを。今日はいっぱいご飯を食べたし、しっかり歯を磨かないとなぁ、と思って歯磨き粉をつけて歯を真剣に洗っていたのですが、どうも歯磨き粉の味がおかしい。歯ブラシが悪いのかな・・・と思って冷静に考えたら・・・なんと洗顔フォームで歯を磨いていたのでした!あわてて口をゆすいで歯磨き粉で磨きなおしたけど、なんだか気持ち悪い。マラソンで相当疲れているみたいです。今日は早く寝ることにします。

11月28日 久々に絶叫&インタビュー集計*
朝起きたら体中が痛かった。痛い、というより最初は動かなかった。Jamieに薬を飲んで少し楽になったものの、一日中全身が痛くて歩くのもぎこちない感じでした。階段は1段ずつしか下りれないし。うーー、こんなの前にスノボで1回なったくらい。Jamieには「今までトレーニングしなくて、Dramaticallyに運動するとそうなるのよ。」と笑われてしまいました。
*Hawaiian Water Adventure Park*
Yaに誘われて、ウォータースライダー(要は滑り台・・・なのだけど。)がたくさんあるテーマパークに行くことに。メンバーはIchiro、Ya、Satoru、Michey。他にもいろいろ声をかけたらしいのだが、体が痛い、とか勉強とかで結局4人に。Hawaiian Bankから割引チケットが送られてきたとかで、32ドルくらいするところを17ドルで入ることができた。
このウォータースライダー、あなどるなかれ。ビート版のようなものに乗って、前にすべっていくもの、足と手をクロスしてものすごい勢いで落ちていくもの、などなかなか絶叫物なのだ。絶叫マシンもウォータースライダーも大好きなMicheyにはもってこいだった。としまえんなんてかわいいものだ。(としまえんのように、浮きわにのってすべるのもあったけど。)
一番怖かったのは、V字になっているところを浮き輪に乗ってすべりおちるというもの。Vの右側から落ちるので、また左側に上り、また右側に上り…繰り返して最後にはとまる。落ちる角度が半端なくて、しかもお兄さんが面白がってボートをけって送り出してくれるものだから…宙にうくし、おちるし。さけびまくりました。
その他、波のプールも「こんなに激しい波でいいの?」という感じでさすがアメリカでした。浮き輪で浮いていても波打ち際まで波に流されるくらい強い波なのです。日本とはなにもかもスケールが違うのね、と感じた一日でした。うーーん、体痛いのに。


頭からすべる滑り台
一番右がMichey


流れるプールで
リラックスのYa


集合写真

*マラソンウェアゲット!*
いよいよ再来週にせまったホノルルマラソンのための服を買いたかったので、帰りにWaikele(アウトレット)によってもらうことに。そこでナイキの上下をゲット。本当は上だけクイックドライのTシャツを買う予定が、あまりの軽さにびっくりしてパンツも買ってしまいました。あわせて$55(上が$25、下が$30)なのでまぁ、予算内。選んでいるときに「これ、足速く見えるかなぁ」と聞くと、「足、速く見える必要ないから。」ととっても現実的で冷静な返事をくれたSatoru。確かに…(笑)。でも、見た目重視のMicheyには「かわいいか」「足が早そうか」は重要な観点なのです。
*勉強も*
そして、もちろん勉強もしました。Business Researchのインタビュー及びフォーカスグループインタビューのサマライズです。Satoruとの分担になっていたので、今日ある程度まで進めてしまうことに。いろんな人にインタビューをしているので、大量のメモとにらめっこしながら、どうやってまとめようか・・・と。ITの問題にフォーカスしながら、Accounting、他の部門との関係、などなどいくつかのカテゴリーを決めてまとめていった。ITの先生のGordonからもらったノートもあったのだが、字が解読できないためとりあえずは自分たちがとったノートをもとにまとめた。結果が先走ってしまい、最初は素直に意見をまとめる、という作業が難しかった。あと続きは明日以降に。

11月29日 おとなしく一日中お勉強
今日もまだ体が痛い。階段はおりられるようになったが、歩くのも階段もかなりぎこちないらしく、いろいろな人に笑われてしまいました。一緒に走ったみんなにきくと、もう筋肉痛は治っているとの事。なぜ?なぜ?私だけ・・・?
さらには絶叫しすぎたらしく、のどまでいたかったのでした。体ぼろぼろなり。
*Entrepreneurの宿題*
インターネットのサイトから起業するのに役立つページを10個見つけてそれぞれ1パラグラフのコメントをつけるというもの。そんなに大変じゃない、と思っていたのに結局1日がそれで終わってしまいました。調べ始めたら面白くてはまってしまったのです。「海外ビジネスを起業したかったらどんな情報があるんだろう」とか「Webでのビジネスのためのページはあるだろうか。」とか。特に、Webのは実際のビーズビジネスに役に立ちそうなのでみていておもしろかった。集客するにはやはりマーケティングストラテジーがあるのだ。気にしていた法的な情報ものっていたし、時間のあるときにゆっくり読んでみることにしよう。あともう1つの宿題は、1個サイトを選んでそのサイトについて2ページ以内で説明をするというもの。こちらは、サイトを選んだだけで終わってしまった。
*Marketing Consultingの宿題*
家に帰ってからはMarketing Consultingの宿題を。こちらのテーマは「コンサルティング事業のBusiness Plan」を書くというもの。何のコンサルティングでもいいというので、お昼にEntrepreneurの宿題をやっていてひらめいた「Websiteのビジネス戦略のコンサルティング」にした。実際にインターネットサーフィンをしていてウェブページで損をしているところを何社かみた、というのと自分自身がビーズをネット販売していてコンサルティングしてほしいなぁ、と思うことがあるからだ。デザインをしてくれる会社やウェブサイトを作ってくれる会社、はあってもビジネス戦略やマーケティング戦略を考えてくれるところはないのではないかなぁ、と思ったというのもある。(もちろん、大きい会社は高いコンサルタントに頼めるだけのお金があるからいいのだろうけど、中小企業や個人のケース。)対象顧客は?とかポジショニングは?とかいう質問に答える形式でレポートを書いていく。3分の2くらいまでやって、少し考えようと横になっていたら寝てしまったらしく・・・気づけば3時。消灯して寝たのでした。

11月30日 乗馬の予定が観光に
最近、雨が多い。しかも通り雨、みたいのではなくてどしゃぶり、なのだ。日本の梅雨みたいな感じ。こういうときは、日本の家&自分の部屋が恋しくなる。2面が窓の自分の部屋から大雨をみながら、ベットの上でビーズをつくったりテレビをみたりして、眠くなったら寝る一日、がなつかしい。こちらでの生活が忙しすぎることもあるのだろうけど。
*Marketing Consultingの宿題*
昨日途中で寝てしまったので、7時におきて後半戦に取り組むことに。「乗馬、乗馬」と思って頑張った、後半はコンサルティングフィーをいくらにするか、とか支出はいくらか、とかBreak-evenは?、とかいうFinancialの質問が多かったた。ネットで値段を調べたり、授業のノートを参考にしたりしてなんとか完了!これで落ち着いて遊べるかな。最近、1日たりとも勉強しない日がない。でも、ラスト2週間と思うと頑張れるから不思議だ。
*すごい誤解*
Jamieのところに前にとまっていたICMPのChieさんがくる!ということだったので、BEPの相談を兼ねて会うことに。金曜日の夜に遊びにきていたというのだが、逃してしまった。ホテルに電話をしようかな、と思っていたら昨日電話がかかってきて「明日の8時に行こうと思うのだけどいる?」と。「9時過ぎには出かけるけど、8時にはいます。」と返事をして早起きをして待っていた。
Jamieも起きていたので「8時にChieさんがくるんだよね?」と聞くと、不思議そうな顔で「Chieは9時の飛行機でたつからこないよ。昨日の夜の8時にきたよ。」と。そうです、私は「今日の8時」と「明日の8時」を完全に間違えて会話をしていたのです。とすると、「その時間には起きてるから大丈夫です。」とかかなりとんちんかんなことを言っていたことになる。あーー、せっかく時間を調整してくれたのに…。すぐにごめんなさいメールを送ったのは言うまでもありません。前にJuliaと英語で全然違うテーマで会話をしていたことはあったけど、日本語でもこんなことがおきるなんて。ショック・・・。
*乗馬がキャンセルに*
9時半に学校に集合して乗馬に。Akiko、Tomo、Satoru、Micheyの予定がAkikoが体調不良のため3人で行くことに。前回と同じ場所ということで、今日はちょっと走らせてみたいなぁ、なんてわくわくしていた。場所はノースショアなので車で1時間半くらいといったところ。途中で、またしてもお気に入りのお店「Tropical Farms」によってもらい、カメさん湯飲みを$5にて購入。これで学校で玄米茶が飲める。パパイヤも食べて無料のコナコーヒーものんで。(ちなみに、このコナコーヒーがいじょうにおいしい!自分でも買って、時々家で飲んでいます。)
あと一息でつくので、どこで受付をすればいいのか電話にて確認。するとしばらくしてすぐに電話がかかってきて「Horseback riding at 12:30 has been cancelled.」と。「We are just arriving.」と主張してみるも…「Cancelled」と冷たくあしらわれてしまいました。雨のため、ぬかるみが多くすべって危ないから、というのがその理由でした。こんなタイミングでキャンセルしなくても…。
そこで予定変更!他のところにとびこみで乗馬に行ってみるか、それとも他のことに予定を変更するか、どうしようか話していた。地球の歩き方に乗っていたWaimea Falls Parkにいって乗馬はないか聞いてみるが、今はそこではやっていないと番号を渡された。その番号は既にSatoruが予約を試みて電話したところだったのでNG。とりあえずはノースショアに向かうことに。
*ノースショア&Haleiwa*
とりあえず、サンセットビーチにいってみよ!ということになり、行ってみるもあまり波は高くないし、天気も悪い。すこーし車からサーファーを見てお昼を食べにHaleiwaに移動することに。Haleiwaで海沿いのレストランでお昼を食べ、少しぶらぶら。ちょっと古い感じの街の雰囲気がとても素敵だ。雑貨屋さんやコーヒーショップが軒を連ねているところで、Patagoniaがあったため、Haleiwaとかいてあるトーとバッグを購入!
*Pearl Harbour*
次の目的地はPearl Harbor。でも3時に最終の船は出てしまうということで、ツアーには参加できず。(ビデオ&ミズーリ記念館のツアーがメインなのだ。)いろいろと展示してある部屋と公園をすこしぶらぶらした。そして、そのあと、潜水艦を見たり、おいてある魚雷やミサイルをみたり。日本人としては、すごく複雑な気持ちになるところだった。どんな顔をしていればいいのかわからいし、観光をしているという気分ではなかった。日本の人間魚雷なども展示してある。すごく胸が苦しくなった。
興味深いのは、英語と日本語のパンフレットで書いてある内容が違うところだ。日本語のパンフレットはとってもニュートラルだったが(ちなみにドイツ語も同じ内容だった。)英語のパンフレットは1段落ほど最後にあり、そこに勝利したことがかかれているのだ。日本人、アメリカ人両方に気を使った結果なのだろうか。ここは日本人なら一度は訪れておきたいところだ。
*大雨*
今日は乗馬が中止になるというくらいだから、相当天気が悪かった。すぐに雨は降ってくるし…。帰りはかなりどしゃぶりでハイウェイで前が見えないほどだった。とっても寒いし…。
*Business Research at Starbucks*
さて、6時にJAIMSに到着後はBusiness Researchのグループワーク。インタビューとフォーカスグループミーティングの内容をまとめるというもの。自分たちの記憶と、ノートと、ITの先生のノートをもとにまとめるのだが、つくづくアメリカ人の手書きは読めない。というこで、あまり参考にすることはできなかった。それらの結果を見て、ITを導入する前にいろいろとしないといけないことが、多いよね、という話になった。会社のストラテジーをたてて、会計の基盤をしっかりして、さらには、社内のIT部門を設立する必要があるのではないか、と。この会社、HPはとっても立派なのに、社内のインフラを管理する人が誰もいないのだ。