10月21日 ようやく落ち着いたかな*
本日のマラソンKeikoと二人。いつも、Yutakaがペースメーカーとなってくれるので少し不安だったが、結果的にはいつもより速く走っていたようでJamieにも驚かれた。だんだん、マラソンが好きになってきた。徐々に日の出が遅くなり、はしっていて山から日が昇るのが見えるがすごくきれいだ。Hawaiiにも季節があることを実感する時間だ。
Written Business Communication - by Mr.Otuji
Memoを卒業(?)して手紙の練習に入った。今日のテーマは社員旅行のためにホテルに問い合わせをする、というもの。Memoとは違い、社外向けになるためFormatは変わるが、基本的に「Opening」「Body」「Closing」の構成は変わらない。
私がよく使っていた「Thank you for your cooperation」は気持ちがこもってないようにとられるためNGらしい。慌ててこの先生に送ろうと思っていたメールを修正した。あぶないあぶない( ;^^)へ..
Business Research: A Management Tool by Mr.Yoshihara
新しい授業のスタートのときはいつも自己紹介があるのだが、この授業ではなく即本題に入っていった。Micheyが興味のある3大授業の1つなので真剣に聞き入る。最も大変な授業という噂どおり、ペースはとても速いが、とても論理的でわかりやすい。授業中にアメを配るのは奥さん(PMの先生)と同じで、夫婦だなぁなんて思ったりして。

今日は、問題を定義方法として、質問にまでブレークダウンする方法を学んだ。面白かったのは、「経営者の質問」と「リサーチャーの質問」は異なるということ。例えば「経営者の質問」が「カジノを建設すべきか、しないべきか」というものであったら、リサーチャーの質問は「カジノにくると思われる人はだれか。」等となる。そしてそれ、をさらに「年齢は?」等の具体的な質問にブレークダウンしたものが実際の調査項目となる。立場や視点がことなると、問題の捉え方がかわるということなのだが、調査の第一歩が問題の定義というのが興味深かった。

*少し余裕が*
今日は空き時間がたっぷりあったので、いつもどおり宿題等の勉強をしていた。ちょっと気持ちにゆとりがでてきたのか、落ち着いてとりくめた。うまく気持ちの違いを表現できないが、昨日までと何かが違ったのだ。何をしていても、いまやるべきことはそれじゃなくて他のことなんじゃないか、と考えてしまう日々が続いていたのだが、今日は落ち着いて集中することが出来た。昨日、自分を追ってくる課題をふりきって、外出したのがよかったのだろうか。課題や宿題から逃げることはよくないけど、優先順位を考えて自分のやりたいこと、やるべきことに集中するというのも大切なのだろう。

いまさらだけど、ようやくこっちの生活のリズムもつかめてきたのかな、とも思う。ハワイの生活のリズム、JAIMSでの勉強スタイル、人間関係がようやく落ち着いてきたと言うことだろうか。特に、人間関係はMicheyが一番敏感なところで、これが落ち着いてくれないと何もかも落ち着かない。JAIMSのみんなのことがわかってきて、いろいろと話せる友達もできて、なにかあったら相談しようと思える友達もできて(私が勝手に思ってるだけかもだけど(^.^)>)ようやく落ち着いたのかもしれない。今だから正直に告白してしまうが、自立している人が多いから、いまいち自分の居場所がないようにどこかで感じていたのだ。こうみえても自分から人に話しかけるのがすごく出来ない日があったりする。また、週末の予定とかが直前まで決まらないと、「遊びに誘われなくて自分だけ暇だったらどうしよう。」とか考えてしまったり、普通の中でも「私ってつまらないから、誰も話しかけてくれなくて友達はできないかな」とか、「みんなと仲良くはしているけど、深い友達はできないのかな」とか新しい環境では特に、いろいろな不安をかかえてしまうのだ。(私のことを知っている人は、「大丈夫だよぉ」といつも笑ってくれることも、わかっています。でも、それでもだめなのです。)

新しい環境に入ることなんて、とっても久しぶりだったから自分がそういう状況にあったことも気づかなかったけど、落ち着いてみて改めていろんな不安や心配を抱えていたんだなと思いました。先週、「疲れてる?」と何人にも聞かれた理由も今ならわかる気がします。
*マラソン申込み!*
とうとう申し込んでしまいました!Honolulu Marathon。インターネットのサイトから申し込むことができるので、既に申し込んだKenに聞きながら、いろいろ入力して(あやうく、変なコンサートのオプションをつけてしまうところでしたが。)完了ボタンをクリック!そうすると「2003 Honolulu Marathon Online Entry」という名前のConfirmationメールが送られてきました!あっけなくてちょっと拍子抜け。でも、これでエントリーは完了したわけで…ジョギング頑張らないといけないわけで・・・。
BEP 調査*
結局BEPについて、まだまだ調べられていないので、調査の時間をちょっととることに。今までもいろいろ調べていたのだがいまいちぴんときてなかったのだ。お勧めのところも実際に行った人のレポートを見てみると、ちょっと違うし、一度はITの会社に行こうと決めかけたのだが、やはり2ヶ月だから未知のマーケティング分野に挑戦したいと思ったり。前にも書いたとおり「@Marketing業務、AMarketing分野のITコンサル業務」というのは変わっていないのだが、調べれば調べるほどなにがやりたいのかわからなくなる。何度ネットサーフィン&過去のBEPレポートの調査をしてもどうもぴんとこないのだ。ITの企業だと、日本の仕事とかわらないからちょっと面白くないしなぁ、とかMarketingやりたいといってもなかなかほしさげられないしなぁ、と思ったり。自分の本当にやりたいことを具体的に考えられていないのがいけないのだけど・・・。
明日、BEPに行った人のプレゼンテーションがあるのでその会社を調べてみることにした。ネットで検索して私の目はくぎづけになった!というのも、Broadway(Musical)のサイトだったからだ。ここでMarketingの業務ができるのであればまさにベスト!明日のプレゼンテーションに期待だ。1人で「ここだーーー!」ともりあがっていた。ずっと闇の中をあるいていてようやく光が見えた感じ。といっても、私のことだから期待しすぎないようにしないと。

10月22日 BEPの希望*
本日は寝坊。6時40分に一度おきたものの、結局2度寝して起床は8時。でも、私の部屋は台所の横にあり、壁の上部があいているため、声がつつぬけ。早起きのChong家のおしゃべりとラジカセの音楽を聞きながらうとうととしていたという感じだった。
BEP ここに行きたい!*
今日は前期の学生のBEPのプレゼンテーションが朝から入っていた。昨日調べて「ここだ!」と思った企業だったので期待して参加。

そして、プレゼンテーションを聞けば聞くほど行きたくなった。業務もMarketingやResearchということで私の「@Marketing業務」という希望にぴったり、そしてなんといってもMusical!また、今までたまったデータをもとにデータベースをつくろうとしているところらしく、ITユーザーの視点からデータベースを見るのにもちょうどいいのではないかなぁ、とも思った。
「ここだーー!」という気持ちがますます強くなったので、プレゼンテーションの後は先輩をつかまえていろいろと話を聞いてみた。資料もコピーしてもらったのでゆっくりよんで、気持ちが決まれば(ってほとんど決まっているのだが)担当のRoxanneにメールを書こう。
Business Research: A Management Tool by Mr.Yoshihara
今日は調査の手法についての講義。分厚い資料をわたされて、ものすごい勢いで進んでいく。それでも、論理的でわかりやすいのだがついていくのに必死だ。最近、いろいろな授業で前のほうに座るようにしている。そっちのほうが聞きやすいし、授業にも集中できることが判明したからだ。最近の授業中の私はかなり真面目です。いや、必死なのかな(笑)

今日はFocus Groupインタビュー(多分、日本語では座談会)のロールプレイをしたのだが、前の方に座っていたため参加者になった。お題は「Maruchanのインスタントラーメン」。「これより、Nissinのカップヌードルがいい。」とか「栄養がもっと入っていればいい」とか思い思いの意見を言うのだが、私は「パッケージがおいしそうではない」という意見をのべた。そのときYutakaがぼそっと「コーン」といったので、よくパッケージを見てみると「コーン、にんじん、グリーンピース」とMicheyの嫌いなもの尽くしではないか。そこで、その意見をいったらうけてしまた。(コーン嫌いは有名な話になってしまったようです。)ロールプレイが終わった後で、クラス全員にこのカップヌードルが配られた。写真だけとってNgyuenにあげました。あとで一口もらったものの、なんとも心もとない麺でした。
あと1つ、「generalizeって何?」って質問であてられたのですが、うまく答えられなくて悔しい思いを。英語で言葉を説明しようとすると、冷静に考えられなくなってわけのわからないことを言ってしまった。
*余裕の発言!?*
セブンイレブンにコーヒーを買いに行くときに「忙しいなら無理に行かなくてもいいよ。」と言われて「ITの宿題にはまってるけど、5分10分を争うものでもないからいいよ。」と返事をした。「なんかずいぶん余裕がでてきたね」といわれるのと同時に、自分の言葉に自分でもびっくりした。いままでぎりぎりの1分まで使おうとして必死になっていた自分の言葉とは思えなかった。「すごく元気な顔してるね」とも言われたし、また元気なPositiveThinkingのMicheyに戻りつつあるのかな。まぁ、また凹むときもあるだろうけど、元気なときは素直に元気でいようかな、と思いました。(ただ単に、気分の上下が激しいだけじゃないかと気もするけど。)時間に追われている、と思うのではなく、自分でコントロールできるんだって思えるようになったのが大きな違いなのかな。

10月23日 初Mingling&太った・・・
今朝は足がつって目がさめた。最初は左、そして右。右足のふくらはぎは一日中痛かった。ジョギングも後半は歩いてしまった。「運動不足だよ。」なーんてYutakaにいわれたが(ジョギングをよくさぼるからだろう(笑))日本にいるときより運動しているのだけどなぁ。
ジョギングには少し遅刻してしまい、待ち合わせ場所に二人の姿はなかった。5分くらいの差なのでおいつくぞーーー、って思ってスピードアップして走っていると、角に二人の姿が。「私を見つけてまってくれてたのね。」と思ったら、ネコを見ていたらしい。。獲物を捕獲しようとしているネコがおもしろくて5分くらい見ていたとか。なーんだ、と思いながらもネコに感謝。
Written Business Communication - by Mr.Otuji
Internet use policyについて調査結果を返信する」という内容の手紙。実際にInternetのページを見て内容をまとめて手紙にする練習だ。文章から重要なところをピックアップして文章にする練習も兼ねているとのこと。教科書についていたCDを持っている人はそのサイトにアクセスしてログインするように言われたので、CDを見つけたMicheyはそうすることに。
しかーし、サイトにはうまくアクセスできなくて違うページに行くので先生を呼び(URLが一文字違っていた。)、葉書に書いてあるのがログイン名でうまく入れないので先生を呼び(ログイン名ではなくパスワードだった。)、登録しようとするとわけのわからないウィンドウがいっぱい立ち上がって収集がつかなくなり…。再登録しようとして名前とかを登録しても「既に登録されています。」とでてしまい。悪戦苦闘していたら見かねた先生が「今日のところはGoogleから検索できるサイトにいったほうがいい。」。えせSEぶりを発揮しまくってしまいました。ここで遅れをとってしまったので、時間内に終わらず宿題に・・・。
Financial Accounting for Managers by Mr.Zhuang
Financial Statementの分析方法が今日のテーマ。ROSやROE、流動性などの計算方法を学ぶのと同時に、それがIBM(Investors、Bank、Manager)にどのように影響を与えるのかを考える。例えば、「経営者のお給料を10%あげられるか」とか「今年のクリスマスパーティーはどれくらい盛大にできるか」などなど。分析を自分でするのは難しいけれど、授業自体はとてもわかりやすくておもしろい。数字の世界は面白いなぁ、と思うのは私の頭が理系よりだからかな。日本に帰ったら簿記の資格をとろう!と資格好きのMicheyは固く決心したのでした。

名言:Money doesn't sleep! お金は口座に眠らせておくのではなく、活用させるほうがいい!とはいってもHow?が難しいよね。Investmentの授業で学べるかな。
*George Bush came to Hawaii*
President Bushがハワイに12時間くるとのこと。カハラマンダリン、カハラモール、Parl Harbar、Hiltonと回るらしい。Air Force Oneに2台のリムジンをのせてきているとか(1台壊れてもいいようにらしい)、2500人の護衛がいるとかすごい話ばかりだ。大統領も2人きてるんじゃないのー(1人壊れてもいいように)なーんて、あとでYaと話していた。アメリカは何をするにも規模が違うよね。

Bill Gatesがハワイの離島で結婚したときには誰もこれないように数日間の飛行機のチケットを買い占めたという話もでてまたまたびっくり。
*初Mingling-Hawaii Technology Trade Association*
ITの授業の課外授業。IT業界の人が1ヶ月に1回集まる場があるということで、そこに参加することに。場所はOcian Club。正装をしてくるようにということだったので、スーツでいくことにしたが、雰囲気は思ったよりもカジュアルだった。本日の課題は「5枚以上の名刺を集めてくること」。
Minglingとはパーティー等の場で、いろいろな人と交流をすることだ。話し掛け、5分くらい話しをして、うまく立ち去る。これを繰り返すのがこちらのパーティーらしい。しかし、今日の場は、知り合いの人も多そうだったので最初は何もできなかった。とりあえず、ビールを飲んでご飯を食べることに。お腹も落ち着き、お酒で度胸もついたところでMingling開始!隣のテーブルに行って、「May I sit here?」というと、あっさり「友達が来るから。」と言われてしまった。うーーん失敗・・・。
すっかりやる気をなくした私はまた食べることに。ひとしきり食べた後で、Akikoと一緒に再度Minglingへ。ふらふらと会場を歩きながら、話し掛けられそうな人を探す。「よし、あそこにしよう!」と話し掛けた人たちは、Hawaii大学の学生だった。就職活動のためにここに来ているらしい。そういう目的もあるのねぇ。名刺を集めるのが宿題だと話すと、名刺をくれた。・・・のはいいのだが「Steak House」のと「Hawaii University」と書いてあるものだった(笑)まぁ、いいかな。
一度乗り出すと楽しかった。AkikoもIT業界なので話もしやすかったかな。そして、終盤に「Our assignment is to collect 5 business card.」と切り出してくれるので、私としてはとっても助かりました。実際にどんな仕事をしているのかを聞けるのも面白かった。印象的だったのはMilitaryで働いている人が多いということ。Hawaiiの第二の産業と言うだけある。(第一は観光。)5万人がユーザーを持つネットワークの仕事をしているらしい。その関係で日本の基地もいったことがあるとか。Militaryの技術って進んでそうなのでなんだか興味をもっていろいろ聞いたのだが、英語が聞き取りにくくて100%わからなかったのが残念。その中の1人はHawaiikaiに住んでおり、テニスをするということなので今度テニスに誘うことに。そこでまた話せるかな。
先生を見つけたので、話に行くと先生の名刺をくれた。これもカウントしていいとの事。なにげに、先生との話が一番面白かった。ダイビングではInstructorの資格をもっていること。Canadaで氷の下で潜っていたこと。そこに携帯をもっていって、大統領に電話をして記事になったこと。JAIMSのIT環境のコンサルをしていること。(ネットワークの不安定さについて散々報告しておきました)。来年日本に行って、事業を立ち上げようとしていること。そして、BBQPartyのこと。先生の家でOver NightでBBQパーティーをするらしい。うーーん、楽しみ。
Minglingは疲れたが、ITの授業を取ったおかげで貴重な経験ができたなぁと思いました。(ちなみに、パーティー好きなEriは授業をとってないのに、参加をして一番上手にMinglingしてました。さすが!)


会場のOceanClubにて
AkikoとYaと


中にはこんな風に
集まりの名前がありました

*太った!&$55のチップ*
Ocean Clubの目の前にタイ料理
を見つけたので、Paul、Ya、Akiko、Keikoと食べて帰ることに。上のパーティーでも食べたのだが、タイ料理は別バラ。トムヤムクン、ソムタム、パッタイ、タピオカに新は-ビール!おいしかったぁ。
ここで、日本の免許証を見せるとYaに「You are fatter!」とあのかわいい声で言われてしまった。(Yaの声はとってもかわいくて、癒し系なのだ。)「え?こっちにくる直前の写真なのに・・・」と思ってみんなに見せると「うんうん。」とあっさり肯定。Keikoは優しいので「うーー、うん?うーーん。」なーんて言ってたけどそれはYesだよねぇ。。。(笑)。こっちでとったSTATE IDやJAIMS学生証の写真を並べてみると、確かに。太るとまず顔に来るタイプなのだが、顕著にあらわれていた。これだけ食べればそうかなぁ。
今日のお会計は私がすることに!初めてカードでチップを含めて払うのを体験した。カードのサインをする紙に値段が書いてあるので、チップと合計金額を記入するのだ。ちょっとほろよいだった私は、間違えてチップのところに「$55」と書いてしまった。Paulに指摘されてあわてて消した。あぶないあぶない。$46の食事に$55のチップは高すぎだよね。

10月25日 早朝テニス&おでんパーティー
今日はおでんパーティーがあるため、テニスを夕方ではなく朝にすることに。とはいっても、昨日の金曜日ももちろん飲みにいっていた私には、朝の7時集合はかなり厳しかった。(しかも、飲みすぎてちょっと気持ち悪かったりして。)
*朝連*
さすがに朝7時とあって、集まったのはテニス部長のPaul、Martin、Satoru、AkikoとMicheyの5人。全員昨日飲んでいたメンバーだ。「Micheyがこれると思わなかった。」なーんていわれたけど、テニスなら頑張ります。最近、週1回のテニスをしないと物足りないのだ。
睡眠不足だしなんとなくアルコールも抜けてないしのんびりやろぉ・・・なんて考えは甘く結局一生懸命やってしまいました。試合もしたし。
Paulと私以外はHawaiiでテニスをはじめたにも関わらずすごく上手なのだ。試合もなかなかいい感じで接戦になるので楽しい。私が3年間でようやくできるようになったことを、数回でできてしまうみんなの運動神経のよさに脱帽!


朝焼けを見ながら
コートに向かいます


練習風景1
コート貸切状態です


練習風景2
大自然のテニスは爽快!

*買出しにダイエーへ*
一度シャワーを浴びてワイキキモードにするために解散。10時半に再度集合して、ワイキキにあるダイエーへ。本当はちょっと寝たかったのに、そんな余裕はありませんでした…。ちなみに買出し班はPaulがぬけた4人。
ダイエーには日本の食材があるということで、みんな大興奮!おでんの買い物をするのはもちろん、お茶漬けのもとや、チャーハンのもと、うめぼしなど思い思いのものを買いました。Micheyはというと、なんとも貧乏性なので「日本より高いなぁ・・・あと4ヶ月我慢しよう」と思ってしまい、結局Jamieにつくってあげるためのお好み焼きの材料と、お茶づけと、おかし(おせんべいとハイレモン)にとどまりました。あとはJamieに頼まれた食材をかって、しめて$30!チーン。
今日の献立はおにぎり、おでん、トムヤムクン(タイ人のYaがペーストをくれたのだ。)私は主におにぎりとトムヤムクンの材料を探していたが、おでんのほうも具になにがいるとか、こっちがいいとかいろいろ楽しかった。結局「おでんセット」みたいのと、大根、じゃがいも、+αの具、といった感じ。さて、あとは戻って作り始めよう!

念願の(?)ダイエー前
さて買いますぞ

なにがいるかなぁ、うーん
ちょっと親子っぽい!?

これどうする?いれる?
そうだね、いいねぇ

レジでお支払い
早く食べたい・・・

こんなに買いました!
あとは料理の腕次第

おまけの写真
かにv..V発見、おいしそー
*ダイエーの感想*
ダイエーの雰囲気は日本より雑然とたくさんのものがある感じだった。ローカルなものもあれば、日本からの輸入物もあり、例えば同じご飯でもどちらかによって全然値段が違う。(そりゃ、そうかぁ。)ちょっと日本のダイエーとは位置付けが違うのかな、と思った。というより日本のダイエーよりずっとずっと重宝されているようでHawaiianもJapaneseもたくさんいました。
*準備隊!*
Akikoが勉強のために抜けたため、準備隊は3人になった。おでんパーティーの会場はMartinのステイ先。Akikoが準備できないと聞いたときは「がーん、女手は私1人・・・?責任重大・・・」とあせってしまいました。「計画立てて」とか言われて必死に頭を回転させて「まず、卵をゆでる。材料を切る。」とか言っていると「まずお湯を沸かすでしょう」と指摘された。確かに、10人分のおでんを作るにはお湯が命かも。
2時間しか準備時間がなかったのですが、なかなか手際よく進められました。Satoruがおでんメイン担当、Martinはご飯をたいたあと総監督(要は飲んでいました(笑))、Micheyはトムヤムクンとおにぎり担当。というか、Martinが「俺のおでんを食べさせてやる!」といって企画されたおでんパーティーなのに…「準備もなかなか楽しいだろう?」なーんて言っちゃって。ま、本当に楽しかったからいいかな。
ゆで卵が割れたと言ってはつまみ食いし、おにぎりをつくっては味見し、ビールもちょっと飲んで、準備隊もなかなか楽しいよね。
Micheyが料理ができないとおもっている人のために、証拠写真もとってもらいました。材料切るのとおにぎりは料理じゃない!と言われてしまいましたが・・・。

炊飯係のMartin
おでん係のSatoru

おでんの大根切ってます。
重要な証拠写真!

できましたぁ!
料理隊で記念写真!

ぐつぐつ煮込んだおでん
なかなかおいしそう

そして特製おにぎり
Micheyのおにぎりは俵型

こちらがトムヤムクン
Yaの太鼓判つき!
*おでんパーティー開始*
5時ごろになって徐々に人が来始めました。Akiko、Paulはもちろん、Eri、Madoka、Ken、Ya、Yoko、Tomo、Rona、そして、海(というか運河かな)の向こう側にすむWayneもカヤックでこちら岸にきて少し参加。(彼の部屋はホームステイ先のもっているボートなのです。うらやましい。。。)Non-Japaneseの人はみんなおでんは初めてだったようですが、おいしいおいしいと食べてくれてほっとしました。
おにぎりもトムヤムクンもうりきれてくれてMichey的にもひと安心。Yaからも「Very good!」ほめてもらいました。タイ人のお墨付きってことです!?。Japaneseの感想は「やっぱり日本食だよねぇ。」。そしてワイン、日本酒、焼酎とつぎつぎに売れていきました。もちろん、私もワインに日本酒に楽しみました (。^_^。)
気づけばもう2ヶ月。ほぼ半分です。マラソンで言えば折り返し地点。このMartinの家で飲んだのが1週目の金曜日。それからあっという間に時間が過ぎていきました。それに対して、私を含めてあせりを感じている人、BEPについて考えている人、時間の過ごし方を悩んでいる人、とにかくPositiveに楽しんでいる人、みんなそれぞれですが前よりもお互いをわかりあって仲良くなっているのは確か。テラスで、庭で、海際の桟橋でお酒を交わしながらいろいろと話をしました。
こういう時になると、自分がどう見られているのかいろいろ聞けて面白かったりします。「Micheyはいいよ」といってくれた人、どうもありがとうm(_ _)m。「最初とイメージが違う」(お高くとまっているように見えたけど、違ったらしい・・・。)「いろいろ考えているよね。」「自分で正しいといつも思って進んでいるけど、違うと気づくときがよくある。」「どこにはいってもムードメーカーになっていいと思うけど、自分が正しいと思ったほうに進めすぎるときがあると思う。」
私は人にどんな風に思ってもらっているのかすごく気にするので、今日のおでんパーティーでいろいろ聞けて嬉しかったです。本当は照れくさいのだけど、嬉しかったりほっとしたりしたほうが大きいから、あえて書いてみました。でもなにげに、Akikoに「私、Michey好きだよ」といわれたのが一番嬉しかったです。みんな、どうもありがとう。
それにしても、Hawaiiはいいなぁ、とこういう時に感じる。芝生に寝そべって星を見たり、外でこうして
飲めたり。山、海、空、星、申し分ないです。

一人目のお客様Madoka
おでんパーティー開始!

おいしいおいしい!
Eriはマギー占いに必死

夕暮れ時、きれい〜
Very Bali!

カヤックにてWayne登場
いいなぁ

桟橋にて
お酒がたくさん

桟橋にてPart2
誰も落ちなくてよかった
*マギーの占い*
Martinのホストマザーのマギーは占いにはまっているらしく、生年月日を伝えると占ってくれる。もちろん、Micheyも占ってもらいました。辰年(私の誕生日は辰年が始まる日らしいです。)のみずがめ座はこんな人だそうです。あたってるーー、と思うこともあればはずれているところも。でもあたっているところはあたりすぎていてちょっと怖かった。
<あたっている・・・かな>
・Visionをもっていて、それに突き進む力を持つ。
・男らしい(男っぽい。。。かな)
・パートナーには柔軟性のある人が必要
・「君は正しいよ」といつも認めてくれるパートナーが必要
<あたっていない・・・と思ったところ>
・常に自分が正しいと思っている
・自分の考えに自信がある
・Too Strong(ですか?)
でも、あたっていないと思ったところは、いつも人に見られる自分の姿だから、わからないでもないなぁと思いました。
10月26日 ダイヤモンドヘッド&飲茶
昨日、遅かったにもかかわらず本日は6時過ぎに起床!マラソン?いえいえ、違います。今日はダイヤモンドヘッドに登りに行くのです。その後には飲茶ブランチなのだから気合も十分!
*いざ出発!*
7時にJAIMSに集合していざ出発!本日のメンバーは引率員(?)Linaを筆頭に、経験者のPaul、Yutaka、そしてDzung、Ryoko、Julia、Akiko、Michey。Kojiは遅れてきて車で合流。いつも時間どおりには出発にならないのだが、7時15分にいざ出発!私はLinaの車だったのだが、JAIMSを出たと単に左車線を走り始めたからびっくりした。Akikoが「Go right side」というまで私も寝ぼけていて気づかなかったけど。シンガポールも日本と同じように左車線らしい。あせって右車線に戻った後、「みんなが気づくかテストしてみたの。」なーんていうところはLinaらしかった。
そして、車で走ること20分くらい。ダイヤモンドヘッドに到着。カルデラになっていて駐車場はその真中にある。軍事施設まで合ってびっくりした。上るには1人$1又は車で$5かかる。そこから上のほうを見て、目的地を確認!片道30分くらいということだ。


ココヘッドからの日の出
チャリより撮影


JAIMSに集合!
真中が引率員Lina


駐車場の入り口には
日本語で$1との看板が

*ハイキング!*
まずは、集合写真をとってから出発。最初は道もコンクリートでなだらかだから余裕だった。そのうち、でこぼこ道となる。景色としては「冬の荒れた山」のイメージ。実際には暑いので妙な感じだった。そんなに傾斜はないので余裕、余裕と思っていたら、汗はとまらないし、足は重たいし、最後にはながーーーーい階段が出てきて参った参った。Linaは始終「Piece of cake!」(とっても簡単!という意味)といって先導。みんなもペースが早いため、私とPaulはややおいてきぼりになりながらもマイペースに登っていった。体力がないのはこういうところにあらわれるよねぇ。(でも、私もPaulも毎週テニスしているのに。。。おかしいなぁ。)


まずは入り口で集合写真
まだみんな笑顔です


てっぺんまで登ります
一番後ろがPaul


黄色いのが急な階段
厳しいんだな、これが

*壮大なパノラマ*
これでもか、これでもか、という階段をのぼってようやく頂上に到着!ながーい階段の後にトンネルがあって、またながーい階段のあとにトンネルがあって、さらにらせん階段があるのだ。そして外に出てみて感動した。360度のパノラマ。海、Waikiki、山すべてが見えた。感動して、360度の動画までとった。高いところにものぼってみた。ひとしきり、みんなで写真をとったり休んだりして景色を満喫。でも、私ほどみんな疲れているように見えなかったのは気のせい!?かな。「さ、降りてもう一度のぼってこよー」なんていうLinaのジョーク思わず「えーーーー」っと言ってしまった。でも、この景色を見られるならまた来たいなぁ。次回は日の出を見てみたい。


一番上で集合写真
by Lina


360度のパノラマビュー、ワイキキが一望できます
この景色のためならもう一度頑張れる!?


引率員Linaは
余裕の雰囲気です


DzungとPaul
海をバックに記念写真


Micheyはといえば
かなりばてばて


Yutakaが上まで登るので


調子に乗ってMicheyも


でも降りるのは怖い・・・

*下りは楽だけどHungry*
下りは楽ちんでした。太陽も味方してくれて、私たちがちょうど下り終わったころに日が強くなってきて。日本人の観光客のツアーがたくさんきてました。あの時間に上るとつらいだろうなぁ。
降りてきたときには私のお腹はピーク。最初からおなかがすいていたのですが「ブランチ」を食べるということは朝ご飯は食べてはいけない!と思って我慢してきたのです。でも、きちんと食べてきている人も多く、だまされました(笑)


カルデラの真中の
駐車場まで戻ります


販売禁止の真下で
おみやげを売ってる人達

*中華街*
中華街の駐車場に車をとめて、そこにいた人においしい飲茶のレストランを教えてもらってそこにいくことに。あるいていると、どこのレストランも閉まっていて心配したのですが大丈夫でした!
中華街と言っても、横浜の中華街みたいに喧騒の中、中華料理の匂いがして、赤い建物が合って・・・というのとは全然違って普通のワイキキの一角に中国語で書かれた店が並んでいると言う感じなのだ。Linaも「Modern China Town」と驚いていた。なぜかLeiのお店が多く、作っているところも見ることが出来た。

Paul運転、Yutakaナビ
この直後にUターン

駐車場大はお札を丸めて
穴に落とすシステム

たくさんあるレイ屋さん
作ってみたいなぁ
*飲茶にてバディー発見!*
飲茶はとってもとってもおいしかった。メニューを見てもわからないので、「日本語のないのかなぁ」とぶつぶついっていたらワゴンがテーブルの横に。そこで実際に見せてくれて、注文できるのだ。エビ蒸餃子と、小龍包とシュウマイに始まり、海鮮蒸餃子(これが一番のお気に入り!となった。)、肉まん、ちまき、おかゆ、ミートパイ、大根もち、エッグタルト、ライスクレープ・・・。みんなおなかがすいているので、あっというまになくなっていく。ものすごい勢いでいろんなものを食べた。とってもおいしいのだ。ワゴンサービスというのも食欲をそそる。あー、また太っていく。
飲茶を食べていてJuliaと食べ物の好みがすごく似ていることを発見!彼女もエビが好きだし、他のものも食べたいと思うタイミングが同じなのだ。彼女が食べ物を取ってくれている間に、私がお茶をつぐ、とチームワークもばっちり!「Oh, my Buddy!」といいながら、協力しあって(?)すごい勢いで食べた。これで1人$15とは大満足!


こんなワゴンできます
右がバディーのJulia


みんな必死で食事中
特にAkiko!?


飲茶はこんな感じ
Yammy!!

*小さくなったマンゴープリン*
とってもおいしかったのでマンゴープリンをテークアウトすることに。お皿に乗っているのを持ってきたので「Take out」と再度伝えると、奥にいってつめかえてもってきてくれた。タッパーのようなものにいれてきてくれたのだが、なんか量が少ない。そして、たぽんたぽんになっている。かわりはてたマンゴープリンの姿にみんなおおうけ。おいしそうにはみえなかった。
でも、おやつの時間に食べてみるととーーーーってもおいしかった。顔がニヤニヤしてしまうくらい、といえばわかるだろうか。量もちゃんとあったので安心しました。


おなかが落ち着いた
ところではいチーズ!


こんなワゴンも発見!
できたて飲茶


ちっちゃくなった
マンゴープリン(笑)

*JAIMSにて勉強*
JAIMSへ戻ったのは11時。4時間の間にすごくたくさんのことをした気がする。それでもまだ午前中というのが嬉しい。
みんな、家に帰ってしまったが私はJAIMSにて宿題をすることに。というのも、土曜から遊びすぎてしまったから…。このHPの更新もして満足満足。またしてもいい週末でした。
勉強していると、Alanがやってきて「HPみているよぉ」とのこと。彼はJEMBAの学生でアメリカ人なのだが、沖縄に住んでいたことがあって日本語がとても上手。「私のHPには漢字の間違いが多いから、見つけたら教えてね」なーんて前にテニスをしたときにいっていたのだが、「今のところ大丈夫」とのコメントをもらった。ありがとう!

10月27日 金融の一日に降参*
今朝は体がとっても疲れているのがわかったので、ちょっと自分に甘くなることにした。(いつもか・・・)ということでマラソンはお休み。宿題を家でのーんびり授業が始まるまでやることに。眠くなったら昼寝して、体の疲れをとることに専念。でも、月曜日に週末の疲れを取るなんて日本と生活パターンが変わってない…。ちょっと反省。
*Yutaka's Presentation*
体を休めることを優先させてしまったため、遅刻してしまったのだが今日はYutakaがHimaraya登山についてプレゼンテーションをしてくれる日だ。今まで話を聞いていた以上にHimaraya登山が大変だと言うことがわかった。登りきるまでのストーリーを写真を交えて話してくれたのだが、最後に山頂に登った写真を見たときには、感動してじんときた。本人に伝えるのを忘れてしまったので、ここで伝えたいと思う。とってもとっても感動するプレゼンテーションだった。
Global Investment Management by Mr.Kiyohiro
今日は金融の授業が二つ続く日。とっても集中力がいる日だ。午前中に体力温存していてよかった。とはいうものの、この授業はまたしてもついていけなかった。先生はとても早口でどんどんとスピードアップしていく。Yahoo Financeを見ながら「この会社の株価はのびてますね。」とか「Salesに対して利益が高いですね」とか説明しているのはわかるのだけど、そのあとにグループに分かれてどの会社がいいと思うか実際にYahoo Financeからみつけだす、という作業ではすっかり置いてけぼりだった。
グループのほかの2人は一生懸命、分析しようとしたり探し出そうとしたりしているので、自分でいろいろいじってみるも、ネットサーフィンしているのと変わらない。うーーん、この授業、脱落かも・・・。
そんなこと言わずに頑張らなくてはいけないこと、わかっているのだけど妙に凹んでしまいました。金融苦手を克服したくてとってみたものの、、、どうなることやら。
ちょっと暗くなったので、おもしろい話を1つ。Bill Gatesは1日に利子だけで$25milももらっているそうです。すごい・・・。
Financial Accounting for Managers by Mr.Zhuang
今日は、キャッシュフローについての話。Excelの様々な関数を使って、6年後にお金がいくらになっているか、とかお金が倍になるには、何%の利子が必要か、とか6年後にあるお金が必要だったら、今いくらないといけないか、とかを計算する方法を学んだ。(Excelではなく、考え方を学ぶのが趣旨だとは思うが。)実際に使えそうな計算なので、おもしろかった。Accountingのほうが数字の世界なのでおもしろいなぁ、と思いました。

*サーバー移行*
滞在記のHPがサーバーの容量10Mを超えてしまった。写真をたくさん載せているのが理由なのだが、フリーのサーバーに写真だけ移すことにした。フリーのところに写真だけを移せば広告もでないしいいよ、とYutakaに教えてもらったのだ。(Thank you so much!)2週間前に登録の申請をしていたので、確認してみると使えるようになっている。
さっそく、FTPに設定したり新規フォルダを作って写真をアップロードしたり。たいしたことないのだけど、ここまでよく1人でできるようになったなぁ、と感心したりして。(なにげにこのHP作るのにもかなり悪戦苦闘したのです。何週末PCにむかっていたか。DOSを使っていて写真のアップロードでエラーになったりFTPをインストールしてもらったのなんて来る前日だったし。)
ネットワークが不安定なおかげで、ちょっと時間はかかったものの無事に滞在記は移行完了!あとはビーズのページも復活させなくては。
*今の私のもと*
お母さんからのメールが届いた。近況報告や滞在記を読んでくれてるとの事が書いてあったのだが、1つ印象に残る話があった。なんだか、両親に感謝したと同時に今日の私の素になっている出来事だなぁと心に響いたので抜粋します。
「ダイビングを思う存分楽しんでいますね。YMCAで水泳習っていて良かったですね。いやいやいっていたけど。今となっては楽しい思い出だけど、お父さんもお母さんも必死だったのよ。とにかく続けさせることに。なんでもいやになったらすぐやめていいと思わないようにしつけたかったから。」
水泳教室、毎週毎週泣いて通っていたのを覚えています。見送ってくれた両親がいなくなると家に引き返そうとしたり。あまりに泣いて嫌がるので、先生に直接私を渡していたよね。私も辛かったけど、両親も辛かったんだなぁ。これが「何事もあきらめない&まけずぎらい」の私の性格につながっているのかな、なんて妙に納得。授業を切るかどうか悩んでいた自分とつながりました。改めて感謝です。どうもありがとう。
*金魚死亡*
スクリーンセーバーの金魚がほとんど全滅してしまった。子供もうまれていたのに、すべて上のほうに浮かんでいる…。ショック。
日本でチームの共有サーバーで飼っていたときには、先輩や上司が餌をまめにやっていてくれたので、寿命がくるまで1年以上生きていたのだけど、ぶしょうな私には難しいみたいだ。どうやら週末に飢えてしまったみたい…。
あ、でも部屋にいる本物の魚にはちゃんと毎日餌を上げていますのでご安心を。(こちらも一匹死んでしまったけれど。)

10月28日 キャッシュカードが・・・(;_;)*
なんか、やらなければいけないことがたくさんあるような、ないような。あまりに多くのことを抱えてわからなくなってしまった。ということで(?)本日のマラソンはお休み。貴重な朝の時間はHPの更新にあてることにしました。
Written Business Communication - by Mr.Otuji
「Response for claim」が本日の手紙のテーマ。顧客からきたクレームに対して返信の手紙を書くのだ。本日のケースは「BEN&JERRY'S」というアイスクリームの会社。エコのために、有害物質が含まれていない茶色い紙で容器を作るように変更したところ、「バニラなのにチョコレートの容器と間違っているのではないか」「使い古した容器を使ったのではないか」というクレームがきたという想定だ。
アイスクリームのクーポンを同封して、「なぜパッケージが茶色いか」を説明して、お客さんがこのアイスクリームをまた買ってくれるようにする、のが目的という。実際のアイスクリームのパッケージが出てきたのがおもしろかった。内側の写真をとるのを忘れてしまったのだが、確かに茶色かった。
*Haloweenのお買い物*
Halloweenの衣装を買うために、LongDrug(スーパーです。)に行くことに。頭の飾りとメークだけでいいかなぁ、と思っていたのだが見始めるととまらない。その場でみんなでコスチュームを試着して、あっちがいいかな、こっちがいいかな、と話し、「やりすぎじゃない?」といいながら、コスチュームも小道具も化粧道具も買ってしまいました。3000円くらい使っちゃったかな。どんな格好をする予定なのかは当日のお楽しみ。一緒にいったみんなも、忍者のコスチュームや妖怪の被り物、魔女の衣装などをかって満足そうでした。
とってもたのしかったぁ。でも、普通の買い物以上に疲れました。
ということで、みんなでKoreanをテークアウトして海辺で食べることに。またしても食べすぎです…。買い物するとおなかすくよね。
*キャッシュカード事件*
事件がおきてしまいました。2ヶ月目にして初めて大きな事件、、かな。なんと、私の唯一の現金のありかであるCitibankのキャッシュカードがATMにのみこまれてしまったのです。おろしたい金額に$500と入力した後、$200以上おろせないことに気づいてCancelボタンを押したのですが、カードは出てこず。無駄に大きいATMだったのですが、あの中には飲み込んだカードがいっぱい入っているのかなぁ。
まてどくらせどもどってこない状態に、呆然としてしまいました。ATMに書いてある電話番号に電話してみても自動音声でよくわけがわからない。そこで、ATMの持ち主であるBank of Hawaiiの窓口に行って見る事に。
そこで事情を話すと、一度飲み込んでしまったカードは破棄されてしまうため、取り出すことは出来ないとの事。唯一で切ることはCitibankに電話をしてカードを再発行してもらうことだと言うのです。とっても丁寧な口調なのですが、結局何もしてもらえないということ。「Oh」といって同情する表情をしてくれただけでした。「多分500とうったのがいけなかった」なーんて私のせいにされるし。
しょんぼりしながらJAIMSに戻った。そして、Citibankに電話をしてカードを止めて、再発行の手続きについて聞いてみることに。HPで調べると、コレクトコールでもいいということだったので、コレクトコールについても調べて電話。「カードの紛失ですか?」と確認がとれるまでオペレーターがつないでくれないのに、ちょっともどかしさを感じながらも事情を説明。そうすると、「こちらは、クレジットカードの会社なので、銀行の会社の方に電話をしてください。」とのこと。しかたなく、かけなおしたけどCRMがなってないのね、と思った。(このあとで、インターネットのパスワードを忘れたから教えてほしい、というとまた違う番号を紹介された。)
結局、@こちらから郵送で再発行の申請書を送り、ACitibankから日本の家にカードと暗証番号が届き、Bそれをこちらに送ってもらうしかないようだ。何日かかるのだろう…。こちらに直接送ってもらうには、住所変更やIRSの書類が必要とか、FAXではダメだとかいろいろ制約が多いらしい。しばらくは節約&カード生活を送るしかないのかな。
さっそく書類を記入して送付。一番速い郵送方法で送ろうと思ったのだが、$18という値段にびっくりして普通に送ることに。最後にお母さんにメールを送って事情を説明し、諸手続きをお願いした。あとは、Jamieに事情を説明して家賃を待ってもらえれば・・・OKかな。(家賃をおろそうとして、カードが食べられてしまったのだけど。)
Global Investment Management by Mr.Kiyohiro
例のカード事件で授業を30分ほど遅刻。AccountingでもならったBSについて話していたようなので、大丈夫・・・・かな。
株価のグラフのサンプルを見せながら、「ここで買い、ここで売るといい」とか、どういう傾向にあるとかったらいいか、とかを教えてくれたのは面白かった。日本に帰ったら、ちょっと実践してみよう。。かな。あとは、昨日のグループワークの結果を発表する場があったのだが、いろいろ表にまとめてみてもうまく発表できる自信がなかったため、PCをいじる係にしてもらった。この苦手意識をまずは克服しないとね。わたしにとって、一番の難関の授業だ。(面白いといっている人も多いのだけど…ね。)
金融系の企業につとめていたKennyに「あの授業、ついてけないよー」とぐちってみると「ちょっと速すぎるからバックグラウンドがないと厳しいのかもしれないね。」と。その一言だけでちょっと安心した。とはいっても、安心して終わってはいけないのだけどね。
Project Management by Ms.Yoshihara
今日のテーマはExecuting Phase。いよいよプロジェクトの遂行というところか。
チームにて予算と利益を考えながら紙飛行機を作る、というのをやった。新人研修を思い出した。私たちX'masチームはどこよりも多い18個を作ったのだが、かなりおかしかった。つくるときもどたばたどたばた。QualityTestではKenが飛ばしても墜落ばかり、Eriが飛ばしても墜落ばかり。飛ばし方が悪いんだよぉ、と思いMicheyが飛ばしたらすぐ墜落。そのうちメンバーがわさわさ出てきて次々に飛ばすもほとんどが墜落。つまりは大赤字となってしまった。
そもそも配られた作り型どおりに作ると、飛ばないらしく顧客(=先生)をまきこんで飛ぶ飛行機を作る、というのが目的だったらしい。顧客との連携がプロジェクトマネジメントには重要ということかな。

10月29日 Halloween at JAIMS
目覚ましでおきれたのだが、ITのプレゼンの準備をするかそれとも走るか悩んでいたら、待ち合わせ時間に5分ほど遅れてしまった。5分ならとりもどせる!とおもっていつもよりも早く走ったのだが、走っても走ってもKeikoとYutakaの姿が見えない。自分のペース以上で走ったので、ところどころでばてて歩いてしまいました。学校に行って二人に聞くと、二人とも走ってないとの事。なーんだ。「ちゃんと毎日走らないとダメだよ」とお説教してあげました(笑)←私が一番走っていないのだけどね…。YutakaのHPにもその話が出ているのだとか。でも、そのうちいつもこなくて、ねたにならないから書くのをやめたのだとか…。
Managing Information Technology for Your Business - by Mr.Bruce
ETCの話で盛り上がった。シンガポールではETC機能のついたクレジットカードをダッシュボードにのせることで、機能するのだそうだ。また、車を買うと無料でETCの機器がついてくるそうだ。日本では、その機器が高いため、思ったよりも導入が遅く、政府がとうとう援助にのりだしたという話もでた。シンガポールのITは進んでいるらしい。シンガポール自体が1つのネットワークになりうるからだという。小さい国ならではのメリットなのかな。図書館でも本の貸し出しや返却は自動化されているそうだ。
ETCという1つの目的のために様々なアプローチがあるのがおもしろいところ、というのは先生のコメント。クレジットカードにしたら、日本にもETCがもっと導入されるのではないだろうか、とは思ったものの、高速道路のあちこちに取り付けられているETCゲートを考えるとコストもかかるのかな、というのはMicheyの意見。
あとは、マウイ島には大きなデータセンターがあるとか、その経済的効果についてとか、この授業は脱線した話のほうがおもしろい。
*Pumpkin Carving*
今日はJAIMSのHalloweenパーティー。パーティーは夜なのだが、お昼にJack-0'-lantern(かぼちゃちょうちん)をつくるイベントがあった。両方のイベントともICMPの学生によって主催される。

くじでチームが決まり、私はSatoruと2人。悪戦苦闘していたせいか、JEMBAの学生のクリスが入ってくれた。独創性のあるのを作りたかったのだけど、なかなかむずかしいね。最後に投票があるのですが、残念ながら上位3位に入ることはできませんでした。上出来だと思うのだけどなぁ(笑)
<Jack-0'-lanternの作り方>

1. まずは記念写真を
Eri or Pumpkin?

2. かぼちゃの上の部分を
丸くくりぬきます

3. そして中身を出します
これが一番大変かも

3. かぼちゃに顔を書いて
くりぬきます

4. さらにくりぬきます
あ!歯が欠けた

5. めげずにくりぬきます

6. そして・・・できあがり!!!

どうですか?

ろうそくつけると
こんな感じ♪
*も一度お買い物*
お昼とHalloween用のお買い物をかねてHawaiikaiSCへ。お昼にはインスタントのフォーを食べたのに、またTokyoラーメンにて餃子を食べてしまった。ここのオーナーは中国人らしく、ラーメンもカレーもいまいちらしいのだが、餃子はなかなかのボリュームだった。

食事の後はお買い物。髪の毛をきらきら光らせるのと、ゴールドのマニキュアと腕などにつけるきらきら光るのとグロスを買った。真っ赤な口紅も迷ったりとか、結構はまってしまった。いつもこうなんだよねぇ。はまりはじめると、とことんやりたくなってしまう。コスチュームを買いにきていたJuliaに会い、衣装選びを手伝ったりもした。夜のHalloweenパーティーがとても楽しみだ。
*BEP調査*
昨日、BEP担当のRoxanneとDr.Odoと話をした。相手もJAIMSの学生をほしがっていると言うことらしいのだが、ひとつだけ気にかかる話があった。それをふまえたうえで、次のステップに進んでどうかの答えを出さなければいけないため、最後の調査とおもい時間をかけた。気持ちではそこの会社にいきたい!と思っているし有意義な時間をすごせるとわかっているのだが、頭がついていかない。

最終的に自分を納得させるなにかが必要だとおもい、リストに上がっている他の会社にいったひとのレポートをできる限り読んでみることにした。そして、日本にいる友達や、こっちの友達数人にも少し相談してみた。「最初にこれだ!って思ったところが一番あっていると思うよ」「今選んでいるミュージカル関連の会社を捨てられるくらいの候補が見つかればそこも考えたらいいと思う」「私がMicheyだったら決めると思うよ。」というアドバイス。今しかできない仕事であるここにいかなければ私のことだから後悔するだろうなぁ。その気持ちと、他の会社のレポートの調査結果で8割方気持ちが固まった。明日学校がお休みなので、最終的にどうするかゆっくり考えよう。
企業派遣は資金面や、将来の仕事の不安がないという点がメリットだとは思うが、時には制約や悩みが生じる。それは、仕方のないことなのだろう。
*Halloween Party!*
さて、いよいよパーティーだ。買ってきたコスチュームを着て、念入りにメーク。こんなところで、フラメンコで舞台メークをしていたのが役に立った(笑)。でも、こわくしたかったのに「Cute!」というコメントしかもらえなかった。うーーん。金曜日にはもっとこわくするぞ。(金曜日はWaikikiのHalloweenにいくのです。)私のテーマは「Child of Vampire and Devil」ヴァンパイアの衣装に、デビルのしっぽとつのとフォークをつけたのだ。しっぽはホッチキスで無理やりつけた。

みんなの衣装もすごかったぁ。写真でしか語れないと思うので、たくさん写真をのせようと思います。特にMost Attractiveの賞をゲットしたLinaはなりきっていた。Most Creativeをもらった女装のTomo、Most scaryのJuliaもしかり。パーティーではゲームをしておしゃべりをして写真をとって楽しみました。Halloweenチームはこの企画大成功させたと思います。X'masチームも頑張らないとなぁ。
*またまたShack(ようやくスペルがわかった!)*
さてパーティーの後は飲みに行くことに。いつも同じようなメンバーでShackに行くため、ウェイトレスのお姉さんに覚えてもらえたみたいだ。そのせいか、お皿を一枚一枚渡してもらえたり、フォークもプラスチックの使い捨てではなく、ステンレスのがでてきたり。サービスが向上した!常連になったのかな。そのうち「いつもの!」で飲み物も食べ物も出てくるといいよねぇ、なんて話していた。

Halloweenの話やYaの体調の話や、いろんな話をいつもどおりしていたのだが、BEPの話になったので少し私の悩んでいることを話してみた。「2ヶ月しかないのだから、充実した時間をすごせる場所にいくのが一番だと思う。」というのがみんなの意見。先輩の中には辛い2ヶ月を過ごした人もいたり、あまり楽しめなかった人もいるのだから、自分が本当にいいとおもう環境に身を置くのがいいのかな。もちろん行って見ないとわからないところもたくさんあるとは思うけど。
今日は、英語でいっぱいしゃべった一日だった。満足満足。(後日談:「スペルがわかった!」と書いていましたが、Shak'sでhなくShackの間違いでした。次の日に「シャックス」っていったら、「なにそれ、シャックだよー。」とご指摘を受け…。ということで、修正しました。)

10月30日 JAIMSお休み・・・のはすが
今日はJAIMSお休みの日なのですが、17:30からひとつだけ授業がありました。授業が始まるまでは…もちろん宿題。最近、また集中力にかけていまいちはかどらないのだが、机に向かう時間はなるべく作ることにしている。それで勉強した気になってしまってはいけないのはわかっているのですが(笑)
Project Management by Ms.Yoshihara
この授業はなかなか不評。というのも、ときどきわけのわからないゲームをするのだ。また、毎回ゲストスピーカーなので、話が上手な人もいれば、わかりにくい人もいる。そして、先生の説明は本に書いてある内容のみ、ということでいまいち実践に欠ける。それでも、私はProject Management自体に興味があるので(というか、遅かれ早かれリーダー業務をしないといけなくなると思われるので。)本を読んでいる。リーダー業務というのは実務や経験も大切だから、すべてを講義で網羅するのは難しいのかもしれない。
今日は、わけのわからないゲームの後、Apollo13をみた。ポップコーンを配ってくれるあたり、さすがMs. Yoshihara。すっかり、映画鑑賞の気分だったがはたと、これが最終課題のCase Studyにあたることを思い出し、真剣に見始めた。でも、あとになって質問を読んでから見ればよかったとちょっと後悔。
最初は映画を一部だけ見るという話だったのだが、結局最後まで全員がみたため、終わったのは9時半過ぎ。そのあとで、最終課題のProjectBookの分担をチームで決めて(私はProjectのOverview担当)、過去のレポートをコピーしたときには、10時。ダッシュでJAIMSを出て岐路へ。
1つの授業だったのに、とても疲れたのは、長かったからか、課題が二つも出たからか・・・。

10月31日 Linaの豪邸&Halloween in Waikiki*
「お昼を私の家で食べない?今日はホストファミリーがいないから」という誘いにのって、Ken、Satoru、Dzungと一緒にお邪魔することに。これが、とっても豪邸。海辺でココヘッドが見えるテラスから海風が入ってくる。海に面したカウンターキッチン、アンティーク調のLinaの部屋、Hotelのようなお風呂場、ワインストック、リビングのソファ、そして2階は吹き抜けになっており、ホストの仕事場が屋根の下にある。理想の家だ。ホストはこの辺り一帯の不動産のManagementの仕事をしているらしい。

Linaが作ってくれたラーメンをテラスで食べていると、学校に戻る気なんてなくなってしまった。ラーメンはなぜか4人分だったり、ちょーーっとのびちゃったりいろいろハプニングがあったのだが、いつも以上においしかった。このままお昼寝したいなぁ、、、なんて思いながらもIvanのプレゼンテーションを聞くために学校に戻った。
*Participants sharing with participants*
今日のプレゼンテーターはフィリピン人のIvan。フィリピンのアウトソーシングの話だった。Software Developmentのアウトソースの話もあり、うちの会社が中国やベトナムの外注さんを使おうとしている話を思い出した。また、Trend Micro(ウィルスバスターの会社)のメインオペレーションはフィリピンだという。インドよりも人件費が安いため、フィリピンのアウトソーシングが盛んらしい。

また、コールセンターも多く、そのためのトレーニングコースもあり、英語を学ぶにもいい環境とのいうことだ。DELLのコールセンターで2ヶ月のトレーニングコースだとITの専門用語等も見につくらしい。行ってみたい!
質問のときに「うちの会社はベトナムと中国にアウトソーシングをしているが、上司にフィリピンへのアウトソーシングを進めるとしたら、何をアピールしたらいいか。」と聞いてみた。リクエストに応じて会社のリストから選べる、という話と、英語のスキルの高さという話をしてくれた。
Global Investment Management by Mr.Kiyohiro
授業の内容があまりにわからない&話すスピードが速いので授業の後に、「バックグラウンドがない私には全然判らなかったので、もっとゆっくり説明してほしい」とMadokaと一緒に伝えた。「どれくらい判ったの?10%」と聞かれたので、正直にそれくらいだと。先生は、「わかった。心配しないで。」といいながらも足早に去っていった。次回にはなにか解決されるかなぁ。
今日の授業の課題は、S&P500Companyからお勧めの5社をチームで選ぶ、というもの。業界などの組み合わせを考えながら、Fundを考えるのだ。チームメンバーはIchiro、Rona、Madoka、Micheyの4人。まずは、雑誌やネットをつかって5種類の業界から1社ずつ選ぶことに。そして、1社ずつ(Ichiroは2社。ありがとう)分担を決めて解散。Ichiroは最後までやりたかったようだが、他の3人は、もう今日はいっぱいいっぱい・・・ということで来週再度集まることに。
*Halloween in Waikiki!*
今日が本当のHalloween。ワイキキやダウンダウンの方は盛り上がるらしい、ということでみんなばらばらとWaikikiに繰り出した。早い人たちは5時過ぎに出発していたが、私たちは宿題があるため、7時頃出発することに。本当はコスチュームも着たかったのだが、街の様子もわからないし、一緒に行くAkiko、Satoru、Martinは着ないというのでデビルのつのと、槍だけもっていくことに。
(でも、日本人の観光客に「どこで買ったんですか?」って聞かれてちょっと得意げだったりして・・・)
夜の10時ごろからが楽しいという話なので、まずは腹ごしらえ。久々に焼肉を食べることに!Hawaiiで初の日本の焼肉にみんな大満足!もちろん、レバーも追加で頼みました。
そして、そのあと店の外にでてびっくり!コスチュームに身をつつんだ人たちが、わんさかわんさかいるではないですか。特になにかイベントがあるわけではないのですが、衣装をみにつけて街をねりあるく。これがハロウィーンのようです。日本では目的地もなく歩くイベントなんてないから、おもしろいね、なんていいながら私たちも流れに合わせて歩くことに。着ぐるみを着ている人、ウェイトレスや天使になっている人、浴衣を着ている日本人、とみんな思い思いの格好をしているので、見ているだけであきなかった。徐々に人が増えてきて、歩くことも困難になるくらいになって、お酒が入っているのか奇声をあげるひとも。これがHalloweenなのね。思い思いの格好をして、みんながヒーローになって。一番すごかったのは、スターウォーズになっている集団がいたこと。ホテルの前に並んで立っているものだから、本当にヒーローになってみんなと写真をとっていた。もちろん私も!